ここから本文です

ネイマール乱闘騒動で「チームメイト同士のケンカ」に脚光 スペイン紙が過去の事例を紹介

7/29(土) 12:02配信

Football ZONE web

ロビーニョやレバンドフスキも一触即発… 練習場で起きた過去の乱闘騒動

 バルセロナ残留かパリ・サンジェルマン移籍(PSG)かで世界中から注目されているブラジル代表FWネイマールが、バルサの練習中に新加入のポルトガル代表DFネルソン・セメドと衝突した。センシティブな時期での緊急事態をメディアは大きく取り上げているが、スペイン紙「マルカ」は過去に起きたトレーニング中の「チームメイト同士のケンカ」を取り上げている。

【動画】取っ組み合いの末、乱闘寸前まで発展…ネイマールとセメドのバトルシーン

 まず取り上げているのは、バルサの宿敵レアル・マドリード。“銀河系軍団”末期にあった2006年、元ブラジル代表FWロビーニョが元デンマーク代表MFトーマス・グラベセンからタックルを浴びて激高し、パンチを見舞おうとした。一触即発のムードにチームメイトが止めに入ったものの、ロビーニョが「アイツ頭おかしい」とばかりに頭の横で指を回す姿が撮影されていた。ファビオ・カペッロ監督は両者をドレッシングルーム送りにしたという。

 現在バルサの最終ラインを束ねるアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノも、ブラジルのコリンチャンス時代に諍いを起こしている。元ブラジル代表MFマルセリーニョ・カリオカの執拗なタックルに苛立ち、背中にパンチを浴びせる。その後首脳陣に抗議し、自らビブスを脱ぎ捨ててピッチを去った。

 同じくコリンチャンスでは、現在PSGに所属するブラジル代表DFマルキーニョスが元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスの怒りを買い、まるで子どものケンカのように両腕を振り回して“バトル”している。

イブラは肋骨を骨折する事態に…

 ブンデスの絶対王者バイエルンも、2015年に内紛騒ぎがあった。ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキに対して、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが激しいチャージを見舞ったことでエースが怒り心頭に。屈強なフィジカルを誇る二人ということもあり、元ドイツ代表DFフィリップ・ラームらが複数人でなだめに入らざるを得なくなった。

 現在、膝のリハビリに励む元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも、チームメイトに“壊された”ことがある。2010年、ACミラン所属時にアメリカ代表DFオグチ・オニェウとの衝突が発生し、乱闘が発生。そのケンカの影響でイブラは肋骨を折ってしまった。

 そのほかにも2014年ブラジル・ワールドカップでは、オランダ代表のFWアリエン・ロッベンとDFブルーノ・マルティンスが、練習中のミニゲームで激しく衝突。ロッベンはサムアップのポーズを見せていたが、相手の激しいタックルに明らかに苛立ちを見せていた。

 マーカーを出し抜こうとする者と、それを決死の思いで止めようとする者。アタッカーとマーカーが常に存在するサッカーで、衝突は避けられないことかもしれないが、今回の“微妙な時期”に起きたネイマールのケンカは笑い話で済まされるのか、それともPSG移籍の契機となってしまうのか――。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/29(土) 12:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新