ここから本文です

【おすすめ冷凍保存レシピ】カンタン手作り混ぜごはんの素 [mi-mollet]

7/29(土) 13:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

余った食材で作れて栄養満点、そして食卓も豪華になる混ぜごはん。一人分ずつ冷凍しておきレンジで加熱し、熱いごはんと混ぜるだけ。オーブンシートに包んで冷凍するので、そのままレンジに入れられます。細かく刻んだ具材がシートにくっつかないので、扱いがカンタン。忙しい時でもパッと味わえる混ぜごはんがあれば、なんだか安心します。料理家の上田淳子さんが提案する“新たなるつくりおき”で、作り方をチェックしましょう!

PROFILE

上田淳子さん
スイスのベッカライ(パン屋)やフランスの三つ星レストラン、シャルキュトリー(ハム・ソーセージ専門店)で修行を積み、帰国後は料理研究家として活動。鳥取県に暮らす義母の入院後、家にいる義父の食事をサポートするために“冷凍お届けごはん”を試行錯誤の末に考案。「共働きごはん」(主婦の友社)、「中学・高校生のお弁当」(文化出版局)など著書多数。

<青菜と桜えび>

「青菜と桜えび」の混ぜごはんも具だけつくっておいて、食べたいときにごはんに混ぜるだけ。栄養面でもGOOD!

あっさりした塩味と桜えびの香ばしさで、食欲をそそる組み合わせ。青菜は大根やかぶの葉、小松菜など、中途半端に残った青菜を使えば無駄になりません。

材料(4人分)
・青菜(大根の葉、小松菜など) 150g
・桜えび 10g
・いり白ごま 大さじ1
・塩 小さじ1弱
・サラダ油 大さじ1

作り方
1. 青菜はゆでて水にさらし、冷めたら水けをしっかり絞り、みじん切りにする。桜えびは粗く刻む。
2. フライパンにサラダ油を熱し、青菜を中火で2~3分炒める。桜えびと白ごまを加えて、塩で味を調える。
3. 2が冷めたらオーブンシート4枚に等分にのせ、平たく鳴らして堤、ポリ袋に入れ、ラベルを貼って冷凍する。

手順
1. 一人分ずつオーブンシートにくるんで冷凍しておく。食べるときに冷凍庫から取り出す。

2. ポリ袋から出し、シートに包んだまま電子レンジで1分ほど加熱。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ