ここから本文です

ザルツブルク4季目で最高のスタート 4戦3ゴールの南野が重視する「起点になる」動き

7/29(土) 13:58配信

Football ZONE web

2シーズン連続でリーグ戦二桁得点も、奪えなかったレギュラーの座

 2015年1月にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクへ移籍したFW南野拓実は、いつでも、どんな試合でも精力的に走って戦い、チームの攻守をつなぎ合わせる貴重な働きをしていた。在籍2季目となった2015-16シーズンにはリーグ戦32試合に出場して10得点をマーク。自信を胸にさらに上を目指した。もっと得点に絡むプレーを、そしてさらに上のステージで戦うために――。

【動画】韓国代表FWも「タカ、最高だよ」と絶賛! 宇佐美貴史が見せた華麗なテクニック

 欧州では結果が大事であり、数字さえ残せば問題はないとの論調は確かにある。実際に南野は昨季、リーグ戦でチーム2位となる11ゴール(21試合出場)を挙げて2シーズン連続の二桁得点を達成し、必要とされる結果を出した。しかし、チーム内で最後までレギュラーの座をつかむことができず、毎年のようにチームの中心選手が次々と他国の強豪に引き抜かれ、ステップアップを果たしていく姿を見守ることしかできなかった。

 それはなぜなのか。そして自分には何が必要なのか。昨季のリーグ最終戦後に南野本人を直撃すると、「点は大事だと思いますけど、それ以外のところをしっかりやらないと試合に出られないなって、チームに別のところで貢献することの大切さとか、その必要性というのを感じました」と分析していた。ゴールを重ねながら確固たる地位をつかめない日々に、思い悩んだこともあっただろう。それでも足を止めずに、前へと歩み続け、自身と向き合ってきたのだ。

 そして南野は、自身の原点を思い出したのかもしれない。もともとハードワークも、チャンスメイク能力にも優れた選手だ。チーム全体の攻撃の流れを壊さないように仕掛けていけるのが良さの一つだった。自身が目指すFW像について問うと、次のような答えが返ってきた。

「前向きにドリブルで運ぶ回数を増やせば…」

「しっかり前でボールを受けて起点になる。中盤でもっとボールを前向きに受けてドリブルで運んでいく、そういう回数をもっと増やせれば、使ってもらえるんじゃないかなと思うんです。それがチームの、(攻撃の)一つのパターンになればというのは考えています」

 ゴールへのこだわりは大切にしながらも、チームの戦い方にアジャストしていくことでチャンスに関わる頻度は多くなると考えているようだ。

 実際に今夏就任した新監督マルコ・ローゼの下で、南野はここまで攻撃の中心としてレギュラーの座をつかんでおり、非常に効果的なプレーを披露している。22日のリーグ開幕戦ヴォルフスベルガー戦(2-0)でのゴールを含めて、公式戦4試合出場で3ゴール。26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦リエカとの第1戦(1-1)にもトップ下でフル出場しており、得点こそ奪えなかったもののチームが作り出したチャンスの多くに絡んでいる。自身が語っていたとおり、前向きにボールを受けてドリブルで運ぶシーンも当たり前のように見られていた。

 ザルツブルクに移籍後4シーズン目となる今季は、南野にとって大きな意味を持つシーズンになることは間違いないだろう。思い描いているイメージは、このままレギュラーポジションを確固たるものとし、主力選手としてチームをタイトルへ導くこと。そして自身はトップリーグのクラブへ飛躍していくというシナリオは、今季こそ現実のものとなるかもしれない。

中野吉之伴●文 text by Kichinosuke Nakano

最終更新:7/29(土) 13:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新