ここから本文です

意外と安い!?山手線の内側で家賃が安い駅ランキング

7/29(土) 18:30配信

@DIME

東京の家賃を語るとき、「JR山手線の内側か外側か」というのが基準の一つにある。縦長の環状に駅が連なるJR山手線の内側ほど都心部であるため家賃が高く、外側に行くほど安いのが相場になっているからだ。では、都内でも家賃が高めといわれる「JR山手線の内側」のなかでも、比較的リーズナブルに住むならどこがいいのか。

今回のランキングに使用したのはワンルーム・1K・1DKの家賃相場。家賃の平均値ではなく、高いものから安いものまで全対象物件の家賃を並べて、ちょうど真ん中に位置する「中央値」を見比べて順位付けをした。そして最も家賃相場が安かった駅は、東京メトロ副都心線・雑司が谷駅とJR山手線・田端駅で、家賃相場は共に7.8万円となった。

1位の東京メトロ副都心線・雑司が谷駅の地下ホームから地上へ向かうと、出口のすぐ前に3位にランクインした都電荒川線の鬼子母神前駅がある。駅の南東方向にある「おいしいメロンパン 雑司が谷店」というメロンパン専門店は行列ができるほどの人気。また、駅の北西方向に広がる鬼子母神通りは、安産・子育ての神様である「鬼子母神堂」の参拝を目当てにした観光客も訪れる商店街だ。

同じく1位の田端駅はJR山手線のほかにJR京浜東北線も利用が可能。駅東側には広大な車両基地があり、東京スカイツリーと新幹線が同時に眺められるポイントも人気。鉄道好きにはちょっと知られた駅でもあるのだ。駅北口には商業施設「アトレヴィ田端」があり、スーパーやカフェ、飲食店、雑貨店などのショップが3フロアにわたり展開している。

さて、今回は「山手線の内側」という都心部を調査対象にしただけあって、4位以下になると家賃相場は早くも8万円台に突入する。家賃相場がちょうど8万円だった4位のJR山手線・目白駅は、学習院大学キャンパスをはじめさまざまな学校が駅周辺に点在する文教エリア。その合間に住宅地が広がり、大型の商業施設はないので静かに暮らせそうだ。
ちなみに目白駅前の目白通りに沿って15分ほど歩くと1位の東京メトロ副都心線・雑司が谷駅に到着。徒歩15分の差で家賃相場に2000円の開きがあるので、JR山手線の駅にこだわりすぎずに周辺に目を向けるのも大切かもしれない。

ちなみに11以下は次のとおり。

順位/駅名(主な路線/駅所在地)/家賃相場(1R・1K・1DK)
11位 池袋(JR山手線/豊島区) 8.3万円
12位 本駒込(東京メトロ南北線/文京区) 8.4万円
12位 東池袋(東京メトロ有楽町線/豊島区) 8.4万円
12位 巣鴨(JR山手線/豊島区) 8.4万円
12位 護国寺(東京メトロ有楽町線/文京区) 8.4万円
12位 根津(東京メトロ千代田線/文京区) 8.4万円
12位 面影橋(都電荒川線/新宿区) 8.4万円
18位 白山(都営三田線/文京区) 8.5万円
18位 西早稲田(東京メトロ副都心線/新宿区) 8.5万円
18位 新大塚(東京メトロ丸ノ内線/文京区) 8.5万円
18位 東大前(東京メトロ南北線/文京区) 8.5万円
18位 日暮里(JR山手線/荒川区) 8.5万円
18位 学習院下(都電荒川線/豊島区) 8.5万円
18位 向原(都電荒川線/豊島区) 8.5万円
※家賃同額駅は同順位

家賃相場が8.3万円だった11位のJR山手線・池袋駅は都内を代表する繁華街。JR各線のほかに東武池袋線、西武池袋線、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線も通るターミナル駅でもある。その交通の便のよさからは家賃相場がもっと高そうにも思えるが、11位になったことを考えると意外とリーズナブルな賃貸物件もあるようだ。

12位の本駒込駅は東京メトロ南北線の駅で、家賃相場は8.4万円。1駅隣は18位の東大前駅、さらに本駒込駅から徒歩7分ほどで同じく18位に入った都営三田線・白山駅にたどり着く。本駒込駅の周辺は寺院が多く点在する落ち着いた街並みで、江戸時代には武家屋敷が建ち並んだ地域でもある。駅から徒歩15分ほどの「六義園」周辺は現在、広い敷地の一戸建て住宅が居を構える住宅地としても知られている。

同じく12位の東京メトロ千代田線・根津駅の周辺は、駅から徒歩約5分の場所にある根津神社の門前町として古くから栄えた街だ。10分も歩けば動物園や美術館を抱える上野恩賜公園が広がり、一帯には歴史ある建物も多く残されている。根津は「谷根千エリア」として知られ、休日にぶらりと散歩に出たくなる街並みだ。と同時に、東京メトロ千代田線でビジネス街の大手町駅に3駅で到着する便利な立地でもある。

さて、東京23区中でJR山手線の内側に位置する区をざっくりと北側から挙げていくと北区、荒川区、豊島区、文京区、台東区、新宿区、千代田区、渋谷区、港区、品川区の10区。そのうち今回の家賃相場が安いトップ20に入った駅は5区のみで、環状に連なるJR山手線の北半分に集中していた。さらにJR山手線の駅に注目してみると、ランクインした駅はすべて高田馬場駅~日暮里駅間に位置する9駅だった。さらに、2017年にSUUMOが実施した住みたい街ランキングの「穴場だと思う街」でも、山手線の北側が多くランクインしていることから、注目が高まっているようだ。

■調査概要
対象駅/マンション、アパートともに15戸以上登録されている駅
家賃相場/2017年3月1日~5月31日にSUUMOに掲載された賃貸物件から算出(随時更新のため変動の可能性があります)
条件/賃貸物件は駅徒歩15分以内、10m2以上の定期借家をのぞくワンルーム・1K・1DKが対象

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:7/29(土) 18:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年1月号
11月16日発売

定価600円

ヒット商品総まとめ&大予測
男を格上げする傑作カバン100選
人が10倍集まるInstagram活用術