ここから本文です

ポドルスキがJデビュー戦で衝撃2ゴール! 左足ミドル&ヘディング弾を突き刺す

7/29(土) 20:28配信

Football ZONE web

本拠地の大宮戦に先発出場、初陣で圧巻の2ゴールを奪う

 大物助っ人がJリーグ初見参にして、いきなりワールドクラスの実力を見せつけた。29日に行われたJリーグ第19節ヴィッセル神戸対大宮アルディージャ戦に、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先発出場し、待望のJリーグデビュー。そして後半に、日本公式戦初ゴールを含む圧巻の2ゴールを決めた。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 ポドルスキのJリーグデビュー戦ということもあり、神戸のホームスタジアムであるノエビアスタジアム神戸には満員の観客が詰めかけた。この日の神戸はエンジ色のユニフォームではなく、あじさいピンクという珍しい色のユニフォームを着てポドルスキは初陣のピッチに立った。

 ポドルスキはキックオフからFW渡邉千真との2トップを形成。立ち上がりの2分には後方からのロングボールに対して最終ラインを抜け出す動きを見せるなど、果敢な姿勢を見せた。一方の大宮は同6分にFW江坂任がGKと1対1の決定機を作るなど、序盤からオープンな展開となった。

 迎えた同42分、ゴール正面約27メートルの位置で直接FKのチャンスを得ると、キッカーを務めたのはポドルスキ。しかしこれは壁に当たってCKとなると、顔を覆って悔しがった。

 そして後半4分、ポルディの左足が唸りを上げる。ペナルティーエリア内での細かなパス回しからのセカンドボールを受けると、エリア外から鋭く左足を振り抜く。代名詞とも言うべき強烈なミドルシュートをゴール右隅へと突き刺し、先制点をゲット。貫禄の一撃を叩き込んだ元ドイツ代表FWは、会心のガッツポーズでファンの大歓声に応えた

 残留争いの渦中にある大宮も黙っていない。同15分、こちらも今夏加入したMFマルセロ・トスカーノがゴールに蹴り込み1-1と追いついた。しかし、その状況にもポドルスキは慌てない。同17分、途中出場のMF大森晃太郎の右からのクロスに対して2人に競り勝つヘディングシュートを突き刺し、2-1と勝ち越し、その勝負強さを見せつけた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/29(土) 22:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新