ここから本文です

脚本家の渡辺千穂さんが声を大にして言いたい「夫を惚れ直すチャンス」とは

7/29(土) 13:00配信

週刊女性PRIME

 現在放送中の人気ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)の脚本家・渡辺千穂さんの新刊エッセイ『あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる』(マガジンハウス)が話題に。フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんを夫にもち、43歳で娘を出産。

【この記事のすべての写真を見る】

 独身時代にたくさん見てきたいろいろな夫婦たち、そして自身の結婚・出産で、見えた、感じた、夫婦の形とは? 「夫を惚れ直すチャンス!」と「今を楽しむ!」を聞いてみた。

               ◇   ◇   ◇

 渡辺千穂と申します。脚本家として働いています。ちょうど現在オンエア中の『ウチの夫は仕事ができない』というドラマを書いています。この本のタイトルとちょっと被っていますが、たまたまの『夫』つながりです。

私の実体験から生まれた

 こちらの本には、私の両親も含め、20代30代の独身時代の私が見てきたいろんな夫婦の形、41歳で夫と結婚してから見えてきたこと、43歳で子供を産んで知ったことなどを書きました。

 同年代の友達には、もう子供が大学生だとか社会人になったとか、早い人だと子育てがほぼ終わったという人もいます。現在1歳の娘のお友達のママは、みんな私より若いので、結婚してまだ数年という人も多く、私の周りにはバラエティに富んだたくさんのご夫婦がいます。

 出会った頃の輝いていた時間が、そのまま続いているような素敵なご夫婦ももちろんいますが、夫婦生活が長くなるにつれ、大抵は、色褪せてしまうようです。そんな夫婦関係を、また新たに輝く色に塗り直せるような本になれば素敵だなという思いで、この本を書きました。

『あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる』というタイトルは、私の実体験から生まれました。本当に心から、そう叫びたくなる時があるのです! 

 子供を産んで、それまでは全く縁のなかった世の中の不便と親切を知りました。当然そこにあるはずだと思っていた駅のエレベーターがなく、ベビーカーのハンドルを握ったまま、途方に暮れていた時。雨の中、赤ちゃんを抱えて大通りで、タクシー待ちをしている時。そこに颯爽(さっそう)と現れて、何食わぬ顔で助けてくれる人たちがいます。

 パッと力を貸してくれ、サッと去って行くその人たちは、きっと、みんな誰かの夫なのです。

1/2ページ

最終更新:7/29(土) 13:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)