ここから本文です

横浜は9戦負けなしも、齋藤が痛恨のPK失敗…清水は敵地で価値あるドロー

7/29(土) 21:24配信

SOCCER DIGEST Web

横浜は2度のリードを守り切れず。

[J1リーグ19節]横浜 2–2 清水/7月29日/日産ス
 
 リーグ戦で8戦負けなしと好調をキープする横浜は、齋藤学の今季初ゴールに期待が掛かる。一方の清水は、前節のG大阪戦に続いて長谷川悠がスタメン出場し、鄭大世と前線でコンビを組んだ。
 
 横浜は3分、扇原貴宏の縦パスを受けた天野純が強烈なシュートを放つが、GKの六反勇治に防がれる。5分にも裏に抜け出した富樫敬真が左足で狙うも、ゴールはならない。
 
 横浜は17分に先制する。カウンターからマルティノスが得意のドリブルで仕掛けると、最後はDFをシュートフェイントでかわし、左足でシュートを突き刺した。
 
 先制を許した清水は23分、右からのCKに長谷川が頭で合わせてゴール。早い時間にセットプレーから同点に追いつく。
 
 38分、清水は鎌田翔雅が長谷川とのパス交換から、右足で強烈なシュートを放つが、ボールは枠を外れる。
 
 42分、横浜は山中亮輔の左足のクロスを天野が左足で合わせてゴール。勝ち越しに成功する。さらに44分には、齋藤がペナルティエリア内で倒されPKを獲得する。しかし、齋藤のキックはGKの六反に防がれ今季初ゴールはならず。前半はこのまま終了する。
 
 後半に入っても横浜の猛攻は続く。58分、富樫のパスを受けた齋藤がドリブルで侵入。最後は右足で狙うもDFのブロックに遭う。
 
 清水は66分、相手DFのミスを突くと、こぼれ球を拾った鄭が狙うがボールはクロスバーを叩く。しかし、70分、ペナルティエリア内での細かいパス交換から、最後は鄭が松原后のクロスに合わせて同点ゴールを奪う。
 
 追いつかれた横浜は73分、富樫に代えてウーゴ・ヴィエイラ、そして中町公祐を下げてダビド・バブンスキーをピッチに送り込む。
 
 79分、清水は途中出場の村田和哉の鋭いドリブルから、最後は鄭が右足で狙うが横浜DFに防がれる。82分にはクロスのこぼれ球を村田が狙うが、ボールを吹かしてしまう。
 
 その後もオープンな展開が続いたが、互いにチャンスを決めるには至らず。試合は2-2で終了。9試合負けなしの横浜だが、勝ち切ることはできなかった。一方の清水は、2度のビハインドを追いつき、敵地で貴重な勝点1を獲得した。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

最終更新:7/29(土) 21:25
SOCCER DIGEST Web