ここから本文です

「トレンディエンジェル=漫才」のイメージをぶっ壊す!?  単独ライブツアーの全貌を激白!

7/29(土) 7:00配信

ザテレビジョン

「M-1グランプリ 2015」で王者となったトレンディエンジェル。その勢いのまま、「斎藤さんだぞ!」「ぺっぺっぺー」といったギャグを武器に、バラエティーを中心にCMやドラマでも大活躍中だ。そんな彼らが漫才はもちろん、コント・歌・ダンスと盛りだくさんの全国単独ライブツアーを開催。今回のツアーについて直撃インタビューを敢行した!

今回のライブツアーはコントが多めだそう

■ ──去年に続いて、今年も単独ライブツアー開催となります。どのような内容にしたいと考えていますか?

斎藤司(以下、斎藤)「とにかく新たなネタに挑戦する、が今回のテーマです。「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)で優勝させてもらってからは、テレビのお仕事が中心になった分、漫才をする機会が少なくなっちゃたんです」

たかし「それに優勝前と違って、ルミネ(theよしもと)とか劇場に出るときは自信のある鉄板ネタしかできない。グランプリになったんだから、お客さんの期待を裏切れませんし」

斎藤「今回のライブツアーは『Who Am I ?』ってタイトルを付けたんですけど、和訳したそのままの意味で『俺はいったい誰なんだろう?』ってことなんです。『誰だと思ってるんだ?』『斎藤さんだぞ!』っていつもの挨拶ギャグも、いろんなところでやりすぎて、もう危機感でいっぱいなんです…」

たかし「おいおい、大丈夫かよ!」

斎藤「『We Are』になっていないところがポイントで、改めて自分に問わなきゃいけないのは僕だけ」

たかし「僕はひたすらに人生を楽しんでるので、何も変わっていません(笑)。斎藤さんがピンの仕事している間はオフなので、趣味のマージャンを目一杯やってます」

斎藤「舞台を踏む芸人として圧倒的にレベルが落ちた感じがしています。ネタ作りに向き合う状況に自分を追い込まなきゃ。だから、たかしの協力がいつも以上に重要です。(たかしに向かって)もう、ライブ初日までは寝る時間はないからな!」

たかし「寝ないつもりで。マージャンはスマホのアプリで我慢します!」

斎藤「アプリでやるのかよ! 本当に頼むよ~」

ーー(笑)。たかしさんの覚醒にも期待ですね。

斎藤「いまをときめくカズレーザー(メイプル超合金)と同居してますからね。たかしの潜在能力を引き出す鍵は、カズレーザーが鍵を握っていますね」

たかし「相方の斎藤さんと、同居人のカズに支えられて生きてますね~(笑)」

ーー感動がテーマだった、前回のツアー(「TRENDY ANGEL WORLD TOUR “JAPeeeeeN!!“」)とは違った方向性が期待できそうですね。

斎藤「僕らしか出ない単独ライブなので、いい意味での裏切りがいっぱいのチャレンジングなものにしますよ。『トレンディエンジェル=漫才師』ってイメージを根底から覆すためにも、コントを多めにする予定です」

たかし「ちょっとカッコつけた人を、僕らなりのひねくれた視点でコントにしようかと思ってます」

斎藤「具体的に言えば、妙にカッコつけたバンドマンとか。たかしも僕もそういう人を、実はナメて見ているので。もちろん、漫才もやりますし、ネタ以外にはダンスや歌もお見せする予定です。まあ、僕は全編歌って踊る内容がいいんですけど」

たかし「いや、そういうわけにはいかないでしょ!」

斎藤「東京公演はジャニーズの舞台をたくさんやっている東京グローブ座なんだから、大いに歌って踊らないとね」

たかし「歌とダンスに限っては、斎藤さんだけが光り輝くパートです。僕はお客さんのひとりとして楽しみにしてます(笑)」

■ “M-1”のおかげでテレビにたくさん呼んでいただけるようになりました

斎藤「『M-1グランプリ』という大きな大会で優勝したお陰で、テレビにたくさん呼んでいただけるようになりました。でも、ずっとジャブを打ち続けてきたからこそ、『M-1優勝』というチャンスを生かすことができたと思うんです。 『チェケラッチョ・ハゲラッチョ』ってハゲラップ漫才はもちろん、B'zやゲスの極み乙女といった歌モノマネの延長線上に、今があると思ってます」

たかし「僕はただただニコニコしてることだけ心がけて、敵を作らないようにしてきた感じです(笑)」

斎藤「裏ではかなりズバズバ言ってるだろ! ライブは僕らの原点です。その上、今回はDVD収録はしないので、ライブだけでしか見れない闇全開の『リアルたかし』を目撃しに来てください」

最終更新:7/29(土) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円