ここから本文です

イマ注目の声優・山下大輝とは?“弱ペダ”秘話からマイブームまで、素顔満載ロングインタビュー

7/29(土) 11:00配信

ザテレビジョン

自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちを描く本格シリーズ「弱虫ペダル」。コミックス累計発行部数1,700万部を超えるこの人気漫画を原作にしたTVアニメ版の主演声優を務めているのが、今注目を集める若手声優・山下大輝だ。今年第3期が放送され、18年1月からは第4期の放送も決定し話題となっている中、第1期が1話からCS放送 キッズステーションで改めて放送されるということで、山下に当時の話を聞くべくインタビューを敢行。数々の出演作の中でも特別だという「弱虫ペダル」への熱い思いや、等身大のプライベート情報(大好きな“肉”話も!)までたっぷり語ってくれた。

自転車の代わりに子供用の馬に乗ってポーズを決めるお茶目な一面も

■ 声を担当して約4年。「弱虫ペダル」は僕にとって生活の一部です

──2013年のTVアニメ「弱虫ペダル」第1期から劇場版を経て第3期まで、長く小野田坂道役をされていますね。

デビュー間もないころから今までずっと演じさせていただいているキャラクターって、おそらくこの小野田坂道くんだけなんじゃないかな。初めのころは、どこか遠い存在のように感じていました。坂道くんの方が先を走っているような。でも最近は隣にいるような感じがするんです、坂道くんも作品自体も。

──自分自身が作品に追いついたような?

追いついたというより、共に成長しているなという気持ちですね。先輩方が僕のことを、「坂道くんとリンクして見える」と言ってくださることがありました。坂道くんはロードバイクの“ド素人”からスタートしていて、僕自身も声優の“ド新人”としてスタートさせていただいて。それから、この坂道くんと一緒に成長出来たらいいなあという気持ちが芽生えたんです。今は一緒に二人三脚で歩いていると感じるようになりましたし、自分にとって身近というか、「弱虫ペダル」は生活の一部になっています。

■ 「今見ると、とんでもないことになってます!(笑)」

──“ド新人”でのスタートとありましたが、当時の自分を振り返ってみていかがでしょうか。

もう、毎回すごい緊張の連続でした。マイクワークだったり、そもそも声をあてるということにも慣れていない状態でしたし。さらに周りにはいつもテレビで声を聴いている先輩声優さんがたくさんいらっしゃって、そんな皆さんに見られながら演じているこの環境が信じられない!という感じで。第1話なんて頭が真っ白で、自分が何をしゃべってるか分からないぐらいでした(笑)。

──そんな第1話、実際見返したりは…

見るのですが、第1話はとんでもないことになってます! 「うわぁ~!!」てなります(笑)。でも、実は今では絶対にできないお芝居をしているんですよね。冷静に第三者目線で見ると、逆にそれが坂道くんっぽいなって思います。初めの坂道くんはこうだなって。今の僕がもう一度第1話を演じたら違うものになってしまうだろうし、あのお芝居はリアリティがあって良かったんじゃないかなと今では思えるようになりました。

■ 実際にロードバイク、買いました

──坂道くんを演じるにあたり、実際にロードバイクで走ったと聞きました。

そうなんです。坂道くんが初めてロードバイクに乗って感動するというシーンがありまして(第1期の第7話)。風を切って走るそのひと踏みひと踏みが、信じられないぐらい進むという。「ママチャリと、そんなに違うの?」と気になりまして、森久保(祥太郎)さんとやらせていただいていたラジオの企画で買いに行きました。乗ってみたら、「こういうことだったんだ!」と本当に感動でした。

──声優仲間で一緒に走ったりはされるのですか?

声優で、ロードバイク好きの方って意外に多いんですよね。僕は番組を通しての企画としてしか皆さんと走る機会はなかったのですが、本格的なレースにも出られている“ガチ勢”のノジヒロさん(野島裕史)とかイトケンさん(伊藤健太郎)もいらっしゃいますし。僕とか代永(翼)さん、森久保さんはまだ楽しく走りたい!というレベルです(笑)。

──でも実際体験することで、演技にも活かされる部分はありそうですね。

一人で走っている時と仲間と一緒に走っている時では、気持ちの面が違うということを実際乗ってみて知りました。坂道くんって、前に人がいるとどんどん笑顔になって速くなるんですが、本当だなと共感することができましたね。前とか隣に誰かがいるってメンタル的に支えになるんですね。現実的に出来ない設定のアニメも多いですが(笑)、他の作品でも、実際に出来ることがあればこれからも体感するのが一番だと思うので挑戦していきたいです。

■ マイブームは“ゼルダ”と“焼き鳥”

──最近では何かプライベートで始めたことや、ハマっているものはありますか?

「ニンテンドースイッチ」です! かなりハマっています。ゲームは大好きで、オフの日は1日中やっていることもありますよ。ジャンルは幅広くやっていますが、今は“ゼルダの伝説”がすごく面白いです。しっかりしたストーリーと個性的なキャラクターと…激ハマり中です(笑)。ダウンロードコンテンツも購入しましたし、次に出るamiiboも全部予約しちゃいました。

──それでは、外に出たり旅行したりすることは?

イベントとかの遠征がその土地の食べものが食べられたりするのでちょっとした旅行(!?)ですかね。あとは、大好きな“肉”を食べに行きます! 周りは「飲み」好きが多い中、僕は完全に「メシ」派ですね。最近は体形的な諸事情により、残念ながらお米は控えているんですが…(笑)。お肉は、このお店はこの部位がおいしいとか自分なりに分析しています。特に牛やステーキが大好きなのですが、最近は焼き鳥に興味があるんです。鳥料理のお店で新鮮だから半生で食べられるお店もあったりして、おいしくて。これから開拓していきたいなと思っています。

──メシ好きということは、ご自身で料理もされるのでしょうか? お肉の料理男子連載とかやってほしいです。

それが…自分で料理を作るのは本当にムリだと思います、苦手なんです。とてもきれいですよ、うちの台所(笑)。でも今後、肉に関わるお仕事したいです! 肉のキャラクターでも良いですし。肉キャラのアニメとか…ないかな(笑)?

■ また一緒に走っていただけたら嬉しいです

──それでは最後に、これから「弱虫ペダル」第1期の放送をご覧になる視聴者の方へメッセージをお願いします。

第3期が放送されて、出遅れてしまったんじゃないかと思っている方もたくさんいらっしゃると思うので、こうやって第1期の第1話から放送してくださるのは僕もとても嬉しいです。「お父さんと見てます」とお便りをいただくこともありますし、老若男女問わず気軽に楽しんでいただけると思います。彼らの熱い想いとか、実際の生活にも通じるところもあると思いますし、頑張る姿を一緒に見守ってくれると嬉しいです。ボリュームのあるしっかりとした作品なので、初めての方も何度も見ている方も、ぜひ僕たちと一緒に走ってください!

最終更新:7/29(土) 11:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)