ここから本文です

映画「ポケモン」が20周年でこだわったこと

7/29(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 人気ゲームをアニメ化した「ポケットモンスター」がテレビ東京系列で初めて放送されたのは1997年4月のこと。マサラタウンで暮らす少年サトシは、オーキド研究所から譲り受けたピカチュウと一緒に冒険の旅に出かけ、世界一のポケモンマスターになることを誓う――。それが、テレビアニメシリーズの第1話「ポケモン!  きみにきめた!」の物語である。

この記事の写真を見る

 最初はぶつかり合っていたサトシとピカチュウが次第に友情を育むようになるさまを描き出したこのエピソードは、ファンの間でも名作の誉れ高い作品として知られている。

■20年間を凝縮した”リファイン”作品

 そしてアニメ化20周年という節目の年に製作された劇場版最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(現在公開中)では、この第1話で描かれた「ピカチュウとサトシの出会い」のエピソードをもとに、ふたりの絆をもう一度ゼロから見つめ直している。

 例年のパターンなら、今年の夏は、現在発売中のゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』に連動して放送中のテレビアニメシリーズ「ポケットモンスター サン&ムーン」をベースにした劇場版作品が製作・公開されるはずなのだが、今年は20周年ということもあり、「特別編」ともいうべき作品が公開されることになった。

 20年にわたりアニメ版ポケモンに携わってきた湯山邦彦監督は「サトシとピカチュウの出会い。旅の仲間との友情。ポケモンのゲットから育てて進化……ときには別れも……とポケモンの持っているさまざまな要素をリメークではなく、リファイン(精製)して、20年間の積み重ねを凝縮した……懐かしくて新しい……そんなポケモン愛がつまった映画を目指すことにしました」と、その製作意図を語る。

 このコメントに対して、同作のエグゼクティブプロデューサーを務める小学館の岡本順哉氏は「僕らは毎年、映画を作り続けてお客さんに届けてきましたが、こういう話は20周年という今しかできないのではないか、20周年にふさわしいのではないかと思ったんです。湯山監督の言葉にもありますが、リメークでもなくリブートでもなく“リファイン”だというのは、クリエーターとしての意思表示だと思っています」と補足する。

1/3ページ