ここから本文です

涙を“ぽいぽい”してますか? すべての生きる人へ贈る、生きるための絵本

7/29(土) 20:00配信

ダ・ヴィンチニュース

■「大人のみなさんへ」

 毎日忙しく働いている大人のみなさん、最近泣いたことはありますか? 我慢して、つらい気持ちに蓋をしていませんか? イライラを、ついつい誰かにぶつけていませんか? 私の替えなんていくらでもいるんだ、と捨て鉢になっていませんか? 何をやっても誰も認めてくれない、と絶望していませんか?

 『おなみだぽいぽい』(ごとうみづき/ミシマ社)は、日々の仕事や、たくさんのやることに追われて忙しい大人が忘れてしまった、心の中にある場所のことを思い出させてくれる絵本です。そこは自分以外誰も入れない場所で、毎日少しずつ固くなってしまった気持ちを優しく包んで、じんわりゆっくり和らげてくれる作用があります。

 大の大人が泣くのはみっともないとか、恥ずかしいとか、自分で決めたり、社会ではそういうことになっているからという思い込みをいったん忘れて、ちょっとだけ時間を作ってこの本を開いてみてください。思っていた以上にトゲトゲした自分の心に驚くかもしれません。涙と一緒にたくさん鼻水も出てしまうかもしれません。そんな普段は表に出てきていないものを、どうか心の中の場所へ全部ぽいぽいしてください。お願いします。

■「子どものみなさんへ」

 毎日たくさんのことに出会い、学んでいる子どものみなさん、最近泣いたことはありますか? 「自分は他の人と違うのかな?」と思うことはありませんか? どうして自分はみんなができることができないんだろう、と悲しく思うことはありませんか? 叱られて、なぜそんなに怒っているんだろうと感じることはありませんか? 友達なのにどうしてそんなことを言うのかな、と心がぎゅーっとなることはありませんか?

 『おなみだぽいぽい』は、そんなことを感じている子どものねずみが主人公です。その主人公が行くのは、人によってやることが違う、不思議なところです。ねずみが行く場所には大好きなパンの耳が置いてあって、鳥がいます。そこはちょっと難しい言葉でいうと「自浄作用」をするところなのです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!