ここから本文です

「ギンザ タナカ」が創業125周年を記念したジュエリーを発売

7/30(日) 11:00配信

WWD JAPAN.com

 田中貴金属ジュエリーの「ギンザ タナカ(GINZA TANAKA)」は創業125周年を記念し、ブランドのイニシャル「G」と「T」をシンボリックに表現したジュエリーコレクション“ジーティー フィロソフィー(GT PHILOSOPHY)”を10月1日から直営店(ブライダル専門店は除く)と「ギンザ タナカ」オンラインショップで販売する。

 11アイテムを用意し、一部のピアスを除き全て純度の高いプラチナ“Pt950”を使用しており、ダイヤモンドには優れたカットプロポーションとシンメトリーを持つ“H&Cダイヤモンド(ラウンド・ブリリアントカットの中でも、優れたカットプロポーションと対称性を持つ、ハート&キューピッド ダイヤモンド)”を使用している。

 プラチナのリングは19万6000円~。ダイヤモンドがあしらわれたリングは24万5000円~。他にもネックレス、ペンダント、ネックレスをそろえる。

 “ジーティー フィロソフィー”の「G」と「T」のデザインモチーフは、ブランドのイニシャルのみならず、“GOOD THINGS IN YOUR LIFE(人生に幸運を)”というメッセージも込められている。リングの側面には好きな言葉やプレゼントする相手へのメッセージなどを無料で刻むこともできる。

 同社はTANAKAホールディングスを持株会社とした田中貴金属グループの中核会社の1社。1892年に清水商店の名で貴金属装身具卸として東京に開業。後に山崎商店に社名を変更する。1930年に田中商店(現・田中貴金属)に経営権を継承。創業者の山崎亀吉は、K18やK24といったゴールドの品位を明示する規定を日本で初めて立案した人物。

最終更新:7/30(日) 11:01
WWD JAPAN.com