ここから本文です

イギリスの歌姫ジェシー・Jが語る“音楽を表現するメイク”

7/30(日) 22:01配信

WWD JAPAN.com

 パリ発プロフェッショナルメイクアップブランドの「メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)」は7月20日、アジア各国のメディア、インフルエンサーを招き、イギリスの歌姫ジェシー・J(JESSIE J)とのコラボレーションによる「アーティストルージュライト」のプレス発表会を開催した。この日のために来日したジェシー・Jが、今回のコラボレーションと、自身の音楽とメイクアップの深いつながりについて語った。

WWDビューティ(以下、WWD):「メイクアップフォーエバー」と1年間のアーティスティック・コラボレーションを展開しているが、最初にオファーがあった時はどう思ったか?

ジェシー・J(以下、ジェシー):「メイクアップフォーエバー」は、ダニー・サンズ(Dany Sanz)創立者がメイクアップアーティストのプロフェッショナル目線で作ったブランドです。その創造性にずっと共感していたので、とても光栄に思いました。「メイクアップフォーエバー」と出合う前は、パフォーマンスをしている時にメイクが崩れてしまうことも多くありました。「メイクアップフォーエバー」でメイクをするとその心配がないので、ステージ上で自分らしくいられて、心の底から輝けると感じます。私が音楽や芸術で求めていること、それは可能性を秘めているところを探検する感覚ですが、それが「メイクアップフォーエバー」のアイテムには感じられるので、実はコラボレーションをする以前から好んで使っていました。今では、とても身近で大切な存在となり、毎日、‟フォーエバー(永遠)”に愛用していますね。

WWD:自身の音楽とメイクアップの間には深いつながりがあるか?

ジェシー:その日の気分、気持ち、エネルギーなど、自分を表すものが音楽であり、その音楽を表現する一つの手段がメイクだと思います。2016年はプラチナブロンドだったけど、今のナチュラルな気分に合わせて、より自分の髪色に近い黒のボブヘアに変えました。今付けているリップカラーは、今日のエネルギーを表すリップの色ということで、「アーティストルージュライト」の深いレッドを選んでいます。そして、今日のラフで明るいイメージの服装は、私が東京という街へ来て受けたインスピレーションを表しています。音楽もメイクも洋服も、私の表現の一つです。日常生活の中で、例えばデートに向かう気持ち、ステージに向かう気持ち、その気分の違いを表すために選べるところがメイクのいいところですね。

1/2ページ

最終更新:7/30(日) 22:02
WWD JAPAN.com