ここから本文です

【時短レシピ】持て余しがちなキャベツの芯が、レンチンでサラダの友に変身!

7/30(日) 8:02配信

Suits-woman.jp

キャベツの芯って固いし栄養もあんまりなさそうだからと、つい無駄にしてしまっていませんか? ですが、葉よりも甘く、ビタミンCやU、カルシウムなどの栄養がより多く含まれるので、ちゃんと食べ切りたいもの。食感を生かして醤油漬け風にすれば美味しく食べられ、常備菜としても大活躍します!

【芯キャベツのレンチン醤油漬け】

材料(1人分)
・キャベツの芯 2枚分

<A>
・しょう油  小さじ1
・酢     小さじ1/2
・ハチミツ 小さじ1/4
・おろしニンニク 少々



作り方

1・キャベツの芯を切る。

2・小さな器に1を入れ<A>を加えてひと混ぜし、ラップフィルムをふんわりかけて電子レンジにかける(約60秒)。

3・粗熱がとれたらできあがり。

和風サラダにアレンジ!

【作り方】
1・キャベツの葉(2枚分)は千切りにし、耐熱皿に入れて軽く(30秒程度)電子レンジで加熱する。

2・【芯キャベツのレンチン醤油漬け】の半量と漬け汁(全量)に、刻みタマネギ(10g)を加えて混ぜ、1の上に乗せる。さらに、エキストラバージンオリーブオイル(小さじ1)をかける。

Point.
<A>の酢の分量は好みで増やしてもいい。

キャベツに含まれているビタミンUって、ちょっと聞きなれない栄養素かもしれませんね。キャベジンとも言われる成分で、傷ついた胃腸の粘膜の修復を促進し、健康に保つ働きがあります。ほかにも胃にいい成分を含むキャベツは、7月なのに暑すぎて、すでに夏バテしている体をサポートしてくれる食材。栄養豊富な芯までしっかり食べましょう。

最終更新:7/30(日) 8:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。