ここから本文です

スピルバーグ新作は「VRが発達したディストピア」:予告編公開

7/30(日) 12:10配信

WIRED.jp

スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『Ready Player One』の予告編が公開された。原作は伝説的SF小説「ゲームウォーズ」。VRが発達したディストピアが、1980年代のサブカル要素満載で描かれる。

『Ready Player One』予告編。2018年3月30日に米国公開予定。

米カリフォルニア州サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル(通称サンディエゴ・コミコン)で、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『Ready Player One』の予告編が初公開された。

原作は、アーネスト・クラインの伝説的SF小説「ゲームウォーズ」(邦訳:SB文庫)だ。

この小説がベストセラー・リストで1位になったときから、ファンの間では映画化が期待されてきた。物語の舞台は、深刻なエネルギー危機に陥った2041年。主人公は、陰鬱なスラム(縦に積み重なる巨大なトレーラー・パーク)から逃げ出すことを夢見ている近未来の少年だ。彼が幸せを感じるのは、多人数同時参加型仮想現実(VR)世界「オアシス」にいるときだけ。ここでは、大好きな1980年代のポップカルチャーに浸れるからだ。

ゲーマーである主人公が属するチームは、「オアシス」の最高レベルの鍵を開き、隠されているイースターエッグを見つけようと奮闘する。それを見つけられた者には、オアシスを開発した富豪の遺産すべてが譲られると発表されたからだ。だが、そこに賭けられているのは、莫大な遺産だけではないことが判明する。彼のチームの競争相手である、企業から資金提供を受けているチームが狙っているのは、ゲームのなかだけでなく現実世界の未来にも影響を与える「何か」だ。

この予告編は、初めは少し退屈に思えたが、VRでの凄まじいカーチェースのバックで80年代のラッシュの曲「トム・ソーヤ」が完璧な音風景を描き出したところで、すっかり引き込まれてしまった。

クラインは、『スター・ウォーズ』シリーズへの愛を描いてカルト的人気を誇る映画『ファンボーイズ』(2008年)の脚本も書いている。その頭のなかはいつでも1980年代のオタク文化でいっぱいだ。Ready Player Oneには、オタクの黄金時代への郷愁が詰まっていて、この予告編からもそれはよくわかる。

『アイアン・ジャイアント』(1999年)や『トロン』(1982年)をほうふつとさせるシーンが登場するほか、数えきれないほどのノスタルジーを垣間見ることができる(『マッドマックス』のインターセプター、『アキラ』の「金田のバイク」、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のデロリアンなどが登場すると指摘されている)。

スピルバーグ監督が、自分自身の映画作品への郷愁に溢れた映画を撮るなんて、少し奇妙な気もする。だが、ゲームは遊び尽くすことが重要だ。

Ready Player Oneは、米国では2018年3月30日に公開予定(日本での公開日は未定)。

ANNALEE NEWITZ

最終更新:7/30(日) 12:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc