ここから本文です

【貧困女子】抜け出せた!ゴキブリの死骸とホコリまみれの汚部屋を断捨離したアラフォー女子の変化

7/30(日) 10:01配信

Suits-woman.jp

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、2年前にインタビューをした佐田友里さん(40歳・仮名)が再び登場します。彼女はの当時の生活の様子は、「汚部屋在住アラフォー女子、転職貧乏、貯金ゼロ」(2015年9月12日)で紹介しています。

取材時、彼女は吉祥寺駅から徒歩15分の古いアパートで、ゴミに埋もれて生活していました。グラフィックデザイナーとは名ばかりで、150社分のスーパーのチラシをデザインし、休みもなく働いているのに手取りの給料は16万円。モード系ワンピースが似合い、ほっそりしていて小柄な体型、セミロングの髪をキュッとまとめて大ぶりなフープピアスをつけており、いかにも業界人という雰囲気が記憶に残っています。

しかし、2年ぶりに会った彼女は少しふっくらして日に焼けていて、リネン素材の白シャツに、デニムのバギーパンツを合わせ、オレンジ色のウエッジサンダルをはいていて幸せそう。腕時計はスイスの有名ブランドのメンズサイズで、“コレ、彼のなんです”とニッコリ。

「あのときは、人生の暗黒期でしたね。親は病気になるし、当時付き合っていた彼には欲望の処理場みたいに扱われていて、会社も全然大切にしてくれなくて、みんなギリギリで仕事していて、他人を気使う余裕なんて全然なくて殺伐としていました」

当時、友里さんの主食は、スーパーの閉店間際に半額になった250円弁当。

「125円に値下げされた弁当を、買いだめして冷凍して食べていました。それなのに、パワーストーンのブレスレットや占いに何万円も投資して。ネイルにもお金をかけていました。パワースポット巡りもしていたけれど、人生があまり変わらなかったかも」

友里さんの人生が激変したのは、取材の後に、家に溜め込んだものを捨てたこと。

「汚部屋に住んでいると恥ずかしくて誰にも言えなかったのですが、あのときに話してすごくスッキリしてんですよね。あの年の年末までグダグダしていたのですが、大掃除のときに1か月かけてすべての不要なモノを捨てたんです。美大時代の作品、画材、資格の教材、昔のデザインソフト、パソコンのモニター、フィルム式の一眼レフカメラ、石膏像、おびただしい量の服の山がなくなって、本当にすっきりしたんです」

1/2ページ

最終更新:7/30(日) 10:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。