ここから本文です

ロナウドの年収を知ると、自然と涙が出てくる…

7/30(日) 22:00配信

エスクァイア

ロナウドの年収を知ると、本当に涙が出てくる…!

 クリスティアーノ・ロナウドは大金持ちである。だから、ブリトーにグアカモーレ(アボカドのディップ)を付けるかどうかを心配したこともない。「今日は金曜日だから」とか、「今週は本当によく働いたからディップを付けたっていいだろう」などと悩むことがないのだ。

【ロナウドの良い暮らしの様子はこちらから…!】

 ロナウドはとても裕福なので、彼は実際、“ダブル”グアカモーレを注文して、それをゴミ箱に捨て、さらにレストランにいるすべての人にブリトーを奢って、ブリトーを武器にしたバトルロワイヤルを主催することだってできるのだ。毎年7100万ポンド(約103億円)が口座に入金されるということは、そうした影響力を持つということなのだ。重ねていうが、7100万ポンド(約103億円!)である。

 『フォーブス』の最新の発表によると、「最も稼ぐアスリート」トップ10の中でも、ロナウドは他を遥かに圧倒している。彼がホテル、デニム、アンダーウェア、フレグランスといったブランドをスポンサーとし、ナイキのポスターに載っていることを考えれば、これはそれほど驚くべきことでもない。本職のフットボールからも、いくらかは稼いでいる - 知りたい人のために書いておくと、週36万5000ポンド(約5300万円)である。

 イギリス人としてこのリストに入っているのは、ルイス・ハミルトン(F1レーサー)と、ローリー・マキロイ(プロゴルファー)の2人だけだが、ロジャー・フェデラー(プロテニスプレイヤー)も相変わらず大金を稼いでランクインしている。

 頑張れロジャー!

編集者:山野井 俊

最終更新:7/30(日) 22:00
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます