ここから本文です

稲田さんは防衛大臣を辞めることで安倍内閣に最大の貢献をした --- 早川 忠孝

7/30(日) 14:03配信

アゴラ

皮肉なことだが、稲田さんが少しだけ安倍内閣に貢献した。
誰が見ても稲田さんは防衛大臣には不向きだったが、稲田さんのお陰で自衛隊や防衛省の闇がある程度明るみに出てきた。

稲田さんがどんなに否定しても、陸上自衛隊が日報を保管していたことの報告は大臣にまで上がっていたことは確実で、ただそれが書面での報告ではなかった、というだけの話である。

書面が残っていない場合は、聞かなかったことにする、という扱いにすることはしばしばあることで、稲田さんは如何にも弁護士らしい対処をしたということだろう。

決して褒められるようなことではないが、責任ある立場にある人はしばしばそういうことをせざるを得ないことがある。
稲田さんは根は正直な人だから、結局は本当のことを隠し切るほどの芸当は出来なかった、ということだろうと思っている。

それにしても稲田さんは防衛大臣には相応しくなかった。
稲田さんが防衛大臣を辞めたら北朝鮮がまたまた弾道ミサイルの発射を強行してしまった。

防衛大臣の職を兼務させられた岸田さんが深夜の記者会見の場に出てきたので、防衛省の人も自衛隊の人も記者の人もホッとしたのではないだろうか。

少なくともテレビを見た大方の国民は余計な不安感を抱かないで済んだはずである。
これで安倍内閣の支持率が下げ止まりでもなると、稲田さんは思いがけないところで安倍内閣に最大の貢献をしたことになる。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年7月29日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」(http://ameblo.jp/gusya-h/)をご覧ください。

早川 忠孝

最終更新:7/30(日) 14:03
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム