ここから本文です

エシカルライフを送るセレブたち【男性編】

7/30(日) 23:00配信

コスモポリタン

最近では、男としての威厳にも関わりつつあるエシカル活動。今回紹介する「エシカル」とは「倫理的」「道徳上」という意味。社会的な問題の根本的な解決のために、環境保全や社会貢献に重きを置くセレブたちに注目しました。さまざまな分野で活動する心優しいイケメンセレブはこの3名!

【動画】アシュトン・カッチャーが訴えた「児童性的搾取」の救済

レオナルド・ディカプリオ

環境問題のための財団も設立。寄付金額も桁違い!

1974年11月11日生まれのアメリカ人。ブロンドのモデル美女たちと数々の浮名を流し、ゴシップ誌を賑わせることも多いレオだけれども、ライフワークとして、長年、環境問題に力を注ぎ、慈善活動を行なっている。国際会議にてオバマ全大統領などとともにスピーチをしたことも!

印象的だったのは、念願の主演男優賞に輝いたアカデミー賞授賞式で、世界中が注目する中、「気候変動は事実だ」とスピーチしたこと。その後、国連にて「環境問題はフィクションではない」と発言し、人々がもっと真摯に環境問題対策に向き合うよう促したり、環境問題についてまったく興味がなさそうなトランプ大統領との議論に挑んだりと、積極的に公の場でも活動を行なっている。

さらに自身が設立した環境保護活動団体の「レオナルド・ディカプリオ財団」から、環境保護運動になんと約18億円の寄付を実施。アメリカが国として環境問題に取り組む姿勢を見せない中、さらに、レオが今後どのような言動や活動をするのか、期待が高まる!

リアム・ヘムズワース

動物や弱者に優しいイケメン若手俳優

1990年1月13日生まれのオーストラリア人。マイリー・サイラスとの復縁、そして再婚約の噂で持ちきりのリアム。互いに倫理的な理由から菜食主義者となっているため、エシカル・ビーガン・カップルとも呼ばれている。最近、マイリーがすっかり自然派美人になったのも、リアムとの復縁のおかげとも。 2016年には動物愛護団体のPETA(People for the Ethical Treatment of Animals)より、「最もセクシーなベジタリアン・セレブリティー」に選出された、ベジタリアン界期待の若手男性俳優のリアム。

大の愛犬家でもあり、彼自身のインスタでもシェルターから迎え入れた保護犬たちとのハートウォーミングな写真を数多く投稿。ペットをペットショップで買うのではなく、シェルターからアダプトすることをメッセージとしてさらっと発信し、その影響力は絶大!

さらに、オーストラリアの若い癌患者たちのサポート団体を支持したり、動物だけではなく、人間への慈善活動にも積極的に行動。

動物や病気の子供など弱者に優しいナイスマッチョな若手のイケメンセレブって、おとぎの国の王子様レベル。非の打ち所が無いとは、まさにリアムのためにある言葉かも!

1/2ページ

最終更新:7/30(日) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。