ここから本文です

チェルシー監督、王者襲う“2年目のジンクス”打破を宣言 「モウリーニョ・シーズンは避けたい」

7/30(日) 9:26配信

Football ZONE web

コンテ監督がプレミアで過去2シーズン続く「優勝→翌シーズン解任」の不吉な流れに言及

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、昨季就任1年目にしてプレミアリーグ制覇を成し遂げた。過去2シーズンの優勝監督、ジョゼ・モウリーニョ監督とクラウディオ・ラニエリ監督は1年持たずにそのクラブの職を失ったが、イタリアの名将は「モウリーニョ・シーズンは避けたい」と語り、前任者の轍は踏まないと意気込んでいる。英公共放送「BBC」が報じた。

【動画】元プレミア得点王がドタバタ転倒劇! 運動会の徒競走で足がもつれ…一回転して顔面からゴール

 チェルシーは2014-15シーズンにモウリーニョ監督の下でプレミアリーグ制覇を成し遂げた。しかし、翌15-16シーズンには一時降格圏寸前まで沈む大不振に陥り10位に終わった。同年にラニエリ監督が率いたレスター・シティが快進撃を見せてリーグ初優勝を果たすも、やはり翌シーズンは残留争いに巻き込まれるなど苦戦を強いられ、12位でのフィニッシュとなった。モウリーニョ監督、ラニエリ監督ともにディフェンディングチャンピオンとして臨んだシーズン途中で解任されている。

 コンテ監督は「2季前にチェルシーは10位で終わった。そのようなことは再び起きない」と堂々と宣言。「難しいことは分かっている。確かなことは、我々はモウリーニョ・シーズンを避けたい」と前任者の失敗を引き合いに出して語っている。

プレミア連覇は08-09シーズン以来なし

「過去2年の優勝監督たちは二人とも仕事を失った。我々はベストな解決法を見つけるためにいい仕事をしているし、それを生かしている」

 2008-09シーズンにマンチェスター・ユナイテッドが3連覇して以降、プレミアリーグ連覇を成し遂げたチームはない。チェルシーとしても04-05、05-06シーズン以来となる快挙を目指し、コンテ監督は2年目のジンクスに挑むことになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/30(日) 9:26
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新