ここから本文です

楽天、9回二死走者なしの土壇場から2点を逆転し連敗ストップ!オリ・黒木の制球難の隙を見逃さず

7/30(日) 17:02配信

ベースボールチャンネル

〇楽天4-3オリックス●(京セラドーム大阪)

 楽天が土壇場で逆転に成功し、連敗を3で止めた。

美人すぎる女子プロ野球選手特集【加藤優】

 楽天・釜田、オリックス・西の先発でプレイボール。試合は、序盤から両軍動きを見せた。

 2回表、楽天は一死からクルーズがフェンス直撃の二塁打で出塁しチャンスを作ると、嶋が適時打を放ち1点を先制した。

 しかし、釜田が持ちこたえられない。2回裏、釜田は先頭のロメロに安打を許し、中島に死球を与え無死1・2塁のピンチを招くと、マレーロに適時打を浴び同点に追いつかれてしまう。

そして、4回には先頭の中島に二塁打を浴びると、続くマレーロに本塁打を浴び3点目を失った。釜田は後続のT-岡田に安打を許したところで降板となり、3回0/3を3失点という内容だった。

 その後は菅原・菊池・金刃・久保のリリーフ陣が追加点を許さない好投。7回にアマダーがソロ本塁打を放ち、1点差に迫ったが打線が好機で一打を放てず、試合は9回表に突入。しかし、土壇場で楽天打線はオリックスの新守護神・黒木の制球難の隙を見逃さなかった。

 9回表、オリックスは新守護神の黒木をマウンドへ。楽天打線は代打・中川、三好が連続三振に倒れあと一死で敗戦という状況だったが、嶋が一度もバットを振ることなく四球で出塁。続く茂木も6球粘り、7球目のボール球を見逃して四球を選び二死1・2塁のチャンスを作る。

 そして、聖澤が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、遂に逆転に成功。毎回のように走者を出しながらも本塁が遠かった今日の楽天打線だったが、最後はベテランが意地の一打を見せた。

 1点のリードを奪った楽天は、9回裏のマウンドに福山を送る。福山は伊藤を右飛、小島を遊ゴロに打ち取ったが、二死から大城に二塁打を浴び出塁を許す。しかし、最後は小谷野を投ゴロに打ち取り、なんとか試合を締めた。

 敗れたオリックスは勝利まで残りアウト1つまで迫ったが、新守護神・黒木が突如制球を乱してリードを守り切れず、まさかの逆転負けで連勝は3でストップした。

ベースボールチャンネル編集部