ここから本文です

スプーンが止まらなくなるほど夢中になった、あの夏の日の『ビバパエリア』

7/30(日) 10:10配信

@DIME

基本的に自炊はせず、全ての食事は外食ですます。最近は、暑さと気圧の変化からすこぶる体調が悪い。外に出ることも億劫なので、店屋物を注文することが多い。

ピザ、そば、中華とローテーション。イタリア、日本、中国の3本柱である。1週目は良いが、2週目はさすがに飽きがくる。バリエーションを増やしたい今日この頃。

郵便ポストにピザーラのチラシが入っていた。クーポン券を切り取り、ゴミ箱に投げ入れるルーティン。オーバースローで放った刹那、チラシが蝶のようにハラリと舞い、そして落ちた。

「あ、チラシじゃなくて冊子だったんだ」と気がづく。

飛距離が足りず、ゴミ袋に入らなかった冊子を拾う。

何気なしに項をめくると、パエリアのメニューが載っているではないか!

大きな扱いなのでサイドメニューではないだろう。『ピザーラ』は『ビバパエリア』というパエリア専門の系列店を持っている様子。

値段を見ると、Mサイズ2400円、Lサイズ3400円ほど。『ピザーラ』のピザの値段に、準じた値段設定。正直、僕の懐事情には若干キツい金額(ピザはクーポンがないと注文しない)ではある。

だだ袖触れ合ったパエリア、気になって気になって仕方がない。写真を見ると、めちゃくちゃウマそう。思い立ったが吉日、注文しないと今日一日パエリアが頭をめぐるだろう。注文した。

電話をし注文。40分後、バイクのエンジンが止まる音が聞こえる。

「キターーーーー!」

玄関で待機。店員から、待ちに待った『たっぷり魚介のシーフードパエリアLサイズ(3239円)』が手渡される。

ピザと同型の箱を開けば、そこにはパエリア!湯気でメガネが曇る。こちとら独身、誰に気を使う必要もない。35センチの銀皿の上に乗るパエリアに、直接スプーンを入れ、口運ぶ。

「はい、ウマい」

雑な感想で申し訳ないが、事実なのだから仕方ない。豊富なパエリア経験はないが、炊き込みご飯、混ぜご飯は好き。一口食べた瞬間にハマったと自覚。

デリバリーだからと云って、なめたらいかんぜよ。かなり本格的な作りだと思う。

『たっぷり魚介』と唱うだけあり、米が見えないほどの具材。有頭エビ、ムール貝、エビ、イカが色鮮やかに皿の上を踊る。

箸が止まらない否スプーン止まらない、無我夢中で食べる。気づけば半分ほどいってた。味に少々飽きたので、備え付けのレモンを絞れば、爽やかテイストが増し食欲回復!更に食べ進め、ほぼ完食。脂っこくないし、ブイヤベース風スープで炊き上げた米がウマい。

1週間後、再度パエリア欲が湧く。今回は夏限定商品『夏野菜とグリルチキンのパエリアMサイズ(2138円)』※上述が税込のため をセレクト。

コチラはガーリックチキンスープで炊いただけあり、箱を開いた瞬間にニンニクの香り。強烈な香りが食欲を掻き立てる。大ぶりのカットされたズッキーニも盛りだくさん。スタミナ不足になりがちな、この季節にはピッタリ。

その後もパエリアラブは続き、欲が湧けば注文を繰り返している。パエリアがピザほど定番になることはないだろう。しかし、デリバリーの選択肢としては定番になる可能性はアリ。そー思うほど僕はハマった。

興味を持った方は是非是非、いかにしても話のネタにはなりますぞ。

『ビバパエリア』、僕ならどう宣伝するか?

パエリアの写真を撮って思ったが、どうも映えない。今はInstagramに載せるために食べ物をセレクトするなんて時代。もうちょっと色味が派手なパエリアを作ればいいだろう。そんでもってCMで「インスタ映えする!」とタレントに発言させると良い。

食卓のラインナップの意志決定権は、意外とInstagram直撃世代の若い娘が持っていたりするので。

文/ヨシムラヒロム

@DIME編集部

最終更新:7/30(日) 10:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学

Yahoo!ニュースからのお知らせ