ここから本文です

フェライニにガラタサライ移籍が浮上! トルコメディアは合意と報じる

7/30(日) 12:26配信

Football ZONE web

モウリーニョ監督に重宝され、昨季マンUで公式戦47試合4得点

 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニに、トルコの名門ガラタサライ移籍の可能性が浮上している。トルコメディア「AJANSSPOR」はすでに移籍で合意に達したと報じ、ガラタサライのスポーツディレクター(SD)を務めるセンク・エルグン氏も接触を認めている。

ユナイテッドMFに思わぬ災難… “太り過ぎ”疑惑浮上で写真削除の騒動に発展

 194センチの長身で、中盤で激しいファイトのできるフェライニは時に熱くなりすぎてラフプレーに走るきらいはあるものの、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で貴重な戦力としてプレー。昨季は公式戦47試合に出場、4得点を記録している。

 その実力者に熱視線を送っているのが、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸へ移籍し、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルと契約解除するなど、今夏大きな戦力の入れ替えを行っているガラタサライだという。現地報道では、すでに合意に達しているという。

ガラタサライSD「我々のレーダーの中にいる」

 ガラタサライのエルグンSDは、「フェライニはマンチェスター・ユナイテッドを離れるだろう。そして彼は今、我々のレーダーの中にいる」と語った。さらに「(移籍マーケットで)サプライズがあるだろう。我々はフェライニと交渉している」とサプライズ移籍の成立を予言した。

 ポドルスキとスナイデルというワールドクラスを失ったガラタサライだが、スウォンジーから元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスを獲得したのをはじめ、シャルケなどでプレーしたモロッコ代表MFユネス・ベランダ、ポルトで活躍したブラジル人DFマイコン、前セビージャのDFマリアーノらを積極補強している。ここへフェライニという新たなビッグネームが加わることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/30(日) 12:26
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新