ここから本文です

【総体】前橋育英が誇るプロ内定の逸材!渡邊泰基の武器はロングスローだけじゃない

7/30(日) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

自身も1ゴールを決めて7-0の圧勝劇に貢献。

「アレ」を投げなくても、魅了する武器はたくさんあるのだ。
 
 来季の新潟加入が内定している前橋育英高校の左DF渡邊泰基が、全国大会の初戦で鮮やかなゴールを決めた。
 
 インターハイが29日に宮城県で開幕し、優勝候補の前橋育英(群馬)は7-0の圧勝で三重(三重)を下して2回戦進出を決めた。
 
 渡邊が奪ったのは、後半23分の6点目だ。全体的に押し込んだ場面から、センターバックの角田涼太朗が左の高い位置に空いたスペースへ鋭いパスを送ると、快足が持ち味の左MF五十嵐理人が飛び込み、慌てた相手が下がったところでバックパス。攻撃に参加した左DFの渡邊がシュートを決めた。攻撃力が持ち味の渡邊は「チャンスだと思ったので、行きました。最近の試合では、あまり上がるチャンスがなかったので。特徴を出せたかなと思います」と手応えを語った。
 
 渡邊の武器の中には、前へ出る際の当たりの強さや、強力で精度の高い左足だけでなく「勝つためには、必要。以前から他人より飛ぶと思っていたけど、投げるようになったのは育英に来てから。1年生の時に、誰か投げられる選手はいないかと聞かれた」と話すロングスローもある。
 
 しっかりと力を伝えるロングスローは強力で、投げればスタンドが沸く。ただし、渡邊は「ロングスローの選手」として見られることには抵抗感も持っている。地区予選の準決勝後には「本当は、普通に投げて、パスをつなぎたい」と話していた。勝つためには有効と分かっているから投げるが、自慢のキックでセンタリングを上げる方が楽しさを感じるのだ。
 
 インターハイの初戦は、雨天。ボールが掴みにくいため、ロングスローは封印した。天気予報によれば、大会期間中は雨天が多くなりそうで、ロングスローを使う場面は限定されそうだが「本来は、こうやって自分の(やりたい)プレーで魅せたいので、今日は良かったです。(ロングスローが)なくても、大丈夫です」と一笑に付した。
 
 大会前にプロ入りが発表され、大きな注目を受けた中で臨む大会になった。自分の得意なプレーを見せて勝ちたいと思うのは、当然だ。ただ、1回戦で見せただけでは、当然、満足はできない。前橋育英は、昨季の選手権を2年生主体で準優勝しており、今季は優勝候補に推されるチームとなっている。渡邊のほかにもプロ入りの可能性を持つ選手がおり、注目度は高い。目標は、前評判に違わぬ力を見せての優勝だ。

【インターハイ1回戦PHOTO】東福岡、星稜、長崎総科大附、日大藤沢らが1回戦突破!

1/2ページ

最終更新:8/7(月) 17:41
SOCCER DIGEST Web