ここから本文です

【大人のムダ毛処理】脇とカミソリの角度を平行に!正しいケアをおさらい

7/30(日) 21:10配信

ESSE-online

年齢を重ねるほど、夏、気を抜けないのが「脇のムダ毛処理」。最近はいいカミソリが続々発売されていますが、正しいそり方でないと、長年の処理傷と相まって肌ダメージの原因に。

「脇は、色素沈着や炎症を起こしやすい部分。肌を傷つけないようカミソリは角度をつけずに当てて」と話すのは秋葉原スキンクリニックの堀内祐紀医師。

肌が年々弱ってくるアラフォー女性がとくに気をつけるべきポイントともに、正しいそり方を教わりました。

敏感な箇所だからあらためて知ろう!「脇のムダ毛」の正しいそり方

●使うカミソリ:カーブに対応したガードつきカミソリ

脇の下のくぼみにフィットし、ヘッドが動きやすい安全ガードつきのT字型がベスト。

【1】腕をしっかり上げて脇を平らにしてからカミソリを当てる

脇がくぼんだ状態でそると、カミソリの刃がきちんと当たらずそり残しの原因に。くぼみが平らになるよう腕をしっかり上げましょう。

【2】カミソリは垂直にせず肌に沿うように当てる

カミソリは脇に対して垂直に当てると肌を傷つけやすくなります。鏡で確認しながら、カミソリの刃とハンドルが脇に平行に沿うように優しく当てて。

【3】腕側は上から下に、胸側は下から上に優しくそる

鏡で毛流れを確認してから慎重にカミソリを動かし、腕側は上から下、胸側は下から上を目安に優しくそります。脇は生え方が不規則で、個人差があるのでチェックして。

【監修/堀内祐紀さん】
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。2007年に秋葉原スキンクリニックを開設。先進の治療技術で幅広い年齢層の女性の美容や脱毛の治療を行い、雑誌やビューティーサイトの監修などでも活躍

<イラスト/藤原千晶 取材・文/ESSE編集部>

ESSE

最終更新:7/30(日) 21:10
ESSE-online