ここから本文です

ポールポジションはYAMAHA FACTORYが獲得!ところで「TOP10 TRIAL」ってなに?【鈴鹿8耐】

7/30(日) 9:03配信

clicccar

7月27~30日、三重県鈴鹿サーキットで開催の”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会、通称「鈴鹿8耐」。

【この記事に関連する別の画像を見る】

29日の土曜日には、前日の予選結果からベスト10のチームがグリッド上位を争うTOP10 TRIALが行われます。



結果から言いますと、ポールポジションは21号車 YAMAHA FACTORY RACING TEAM。トップタイムは中須賀克行選手の2分6秒038!夢の5秒台まであと一歩のところまでタイムを伸ばしての堂々のポールポジション。



中須賀克行選手のタイムが異次元過ぎてファスターライダーのアレックス・ローズ選手がアタックする前にポールポジションが確定。ローズ選手とのチーム内バトルも中須賀選手が勝利!



2位はYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING。実は先に走ったシルバン・ギュントリ選手が転倒。2本目を担当した津田拓也選手が予備のマシンで出したタイムで2番のポジションを確定させました



そして3位はKAWASAKI TEAM GREEN。



ところでTOP10 TRIALってなに?と思われる方もいらっしゃると思いますが、これは最初に説明したとおり予選結果からベスト10のチームがグリッド上位を争うものですが、いろいろと特別なルールがあります。



まず、一台ずつがタイムアタックするので、誰にも邪魔されずにクリアなアタックラップがとれるのです。過去にSUPER GTであったスーパーラップ式予選に似ています。

次に登録ライダー3人のうち予選タイムのよかった2名が1回ずつアタックします。このときの順番も決められていて、先に乗るのはタイムの遅いほうでLOWER RIDERとして表記され、あとに乗るライダーはタイムが早かったほう、FASTER RIDERとなるのです。

グリッドはチーム内のベストタイムで決定されます。今回、YOSHIMURAのアタックでは転倒があり、1本目のタイムは計測不可。しかし2本目の津田選手のタイムが2番手であったことから2番目のポジションを得ています。



今回のような転倒などの場合、予備のマシンを持っているチームはその予備のマシンを使うことができます。

転倒する直前のシルバン・ギュントリ選手がメインのマシンと津田選手が乗っていたマシン、写真では違いが分かりづらいですが、リアのゼッケンを見てみると津田選手の方にはゼッケンに小さくTと書かれています。



予備マシンを持っている場合、決勝がスタートするまでにどちらかを使うかを決定すればいいということになっているので、転倒してもすぐに次のアタックが出来たということです。なお、決勝では一度決定したマシンから変えることは出来ません。

四輪レースを観ている人には馴染みの無いルールが多いのも、また鈴鹿8耐の興味深いところと言えるでしょう。

(写真・文:松永和浩)

最終更新:7/30(日) 9:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)