ここから本文です

女優・小芝風花が人見知りだった頃を告白「猫10匹くらい被っていました(笑)」

7/30(日) 11:50配信

週刊SPA!

 8月5日(土)午後3時5分からNHK総合で放送されるドラマ『ふたりのキャンバス』(※中国地方は8月1日午後7時30分から先行放送)は、広島市の高校で実際に行われている「原爆の絵」という取組みを題材に、女子高生・柳井里保(小芝風花)と被爆体験者である遠藤雄造(近藤正臣)との交流を描いた作品。今年二十歳になった彼女はこの作品を通じて何を感じたのか。本作がドラマ初主演となるヒロイン・小芝風花に話を聞いた。

⇒【写真】小芝風花

――この作品では「原爆」という重いテーマが描かれていますが、小芝さんとしてはどう受け止めて演じられましたか。

小芝:最初に熊野(律時)監督とお話しさせていただいたのですが、「主人公の高校生がどういう風に感じて、どういう風に動くのかが軸だから(作品を)重く捉えないでほしい」と言われたんです。少し気が楽になった反面、「原爆がテーマで重く捉えない、ということはどういうことだろう……」って、すごく悩みましたね。

――今回演じた里保という役についてはいかがですか。

小芝:彼女は漠然と、将来への悩みを抱えて毎日過ごしているようなごく普通の高校生なんです。そんな彼女がクールな同級生の奏美(中村ゆりか)に憧れて友だちになろうとしたり、被爆者である遠藤さんとどう向き合っていったりするのかがとてもリアルに描かれているので、彼女の心の動きをぜひ一緒に感じながら見てもらえたらと思います。

――非常に大きなスケールの質問ですが、世の中が「平和」であるために必要なものは何だと思いますか?

小芝:撮影に入る前、実際に被爆者の方にお話を聞きましたけど、私からは何も言えませんでした。それだけ重みのあることだと思いますし、軽々しいことは言えません。でも、被爆者のみなさんの証言をもとに高校生が描いた絵を見たとき、私はすごく「怖い」と感じたんです。

――素直に感じた気持ちですね。

小芝:同時に「こんなことは二度と起こって欲しくない」とも思ったんです。みんな戦争なんてしたくないじゃないですか。被爆者のみなさんが語り継ぐ言葉や、高校生が描いた絵を通じて“恐怖”や“悲しみ”、そして“痛み”を知ることが、平和であるために必要なことの一つではないかなって私は思います。

――ドラマでは社会的なテーマに加え、人と人とのコミュニケーションについても深く考えさせられました。小芝さんは人と人がわかり合うために必要なものは何だと思いますか?

小芝:それぞれの立場や関係性にもよりますけど、私自身は常に「みんなにとって楽しい現場にしたい」と思いながら作品に臨んでいます。もともとすごく人見知りなんですけど、なんとか克服して、スタッフさんとかにも積極的に話しかけてコミュニケーションをとるようにしているんです。撮影が終わった後でも「あぁ、あの現場は楽しかったな」って振り返ってもらえたらいいなって。

――確かに、たとえ誤解されたとしても、何もしなかったら気持ちは相手に伝わらないですよね。

小芝:私を含め、人が本当にどんなことを考えているのかなんて本当にわからないじゃないですか。表向きならいくらでもつくれますし。でも、そこで「もういいや」と諦めるのではなく、わからないけどわかろうとする“一歩”を踏み出すことが大事なのかなって思います。そうして引き出された相手の表情や反応を受けて、自分がどうすればいいのかを考えることができますよね。

――小芝さんも人間関係で悩むことはありますか?

小芝:悩みますよ! 自分の気持ちを人に伝えることが下手で、自分のなかで勝手に自己完結しちゃったりすることばっかりです。ちょっと不機嫌な態度を取られただけで「あ、私のこと嫌いや。もう仲良くなられへん!」って思い込んだり。でも、たまたま相手の機嫌や体調が悪かったのかもしれないじゃないですか。だからこそ直接気持ちを伝えたり、話し合ったりすることは大事にしたいんです。

――コミュニケーションが苦手なタイプには見えないです。

小芝:人見知りだった頃は、“いい子”に見られたくて猫10匹くらい被ってる状態で、もう肩が重たくて(笑)。本当の自分を見せたとき「こんなコやったんや」って思われて「嫌われたらどうしよう」と考えてばかりでしたね。だったら最初から猫を被らなければいいみたいな! みたいな話ですけど(笑)。

――ちなみに今は?

小芝:なんとか1匹くらいにまで減らしました(笑)。

◆もう一度「お仕事したい」と思っていただけるような女優になりたい

――話は変わりますが、小芝さんが「夏」と聞いて思い浮かべるものは何ですか?

小芝:夏は「日焼け」が大敵なんですよね……(笑)。汗をかくとメイクさんに迷惑かけちゃうし。もちろん、夏ならではの可愛い服とかも着れてワクワクするんですけど、敵も多いです(笑)。あ、でも、今年は川にキャンプに行く予定です。

――そのほかの夏のイメージは?

小芝:お祭りが好きです。夜店が大好きで、中でも「ミルクせんべい」が大好物です!

――それはどういう食べ物でしょうか?

小芝:関西だけでしょうか。こっち(関東)ではあんまり見ないですよね。くじを引いて、当たった枚数だけもらえるんですけど、私はくじ運が悪くていつも少ない枚数しか当たらなくて……。でも、練乳をつけて重ねて食べるとめっちゃおいしいんですよ。

――プライベートではどんなことをして過ごしていますか。

小芝:編み物が好きなので、今の季節はレース編みとかをちょくちょくしています。ポーチやコースターをつくったり。あと、今年の冬に向けてひざ掛けを編んでいるんですけど、さすがにめっちゃくちゃ暑いです(笑)。しかも、編んでいる途中で毛糸が足らないことに気づきまして……(笑)。急いで100均に駆け込んだんですけど在庫もなく、完成品はひと回り小さくなると思います。

――100均で毛糸を調達するんですか?

小芝:そうですよ! 毛糸代もかかりますからオススメです。ご存知なかったですか? 今の100均って何でも揃っているんですよ(笑)。

――夏バテはしないほうですか。

小芝:いたって食欲旺盛なので大丈夫です。お肉が好きなので、バーベキューとかも大好きですね。

――では、嫌いな食べ物は?

小芝:あ、ピーマンがちょっと……(笑)。

――え?

小芝:お料理に少しだけ入っているくらいなら大丈夫なんですけど、基本的に苦手で。あとパプリカも苦手なんです。

――4月で二十歳になりましたが、何か自分のなかで変化は感じますか?

小芝:小さい頃はもっと大人なイメージだったんですけど、いざ自分がなってみるとまったく変わってないですね(笑)。お酒が飲めるようになったことくらいです。

――今回の作品をはじめ、今年の夏はドラマに舞台の準備にと忙しそうですね。

小芝:私、すごい欲張りみたいで、常に手元に台本がないと落ち着かないんです。次の役が決まってないと不安になって「役が欲しい!」ってなるんです。お休みが多すぎると活力が無くなってしまう(笑)。逆に忙しいほうが「何かしなくちゃ」って思って活動的になるタイプなんですよ。そのためにも、一度ご一緒した方たちからもう一度「お仕事したい」と思っていただけるような女優でありたい、と思いながら頑張ってます!

【こしばふうか】

1997年、大阪府出身。2014年、映画『魔女の宅急便』主演。2015年、第57回ブルーリボン賞・新人賞を受賞。´16年、連続テレビ小説『あさが来た』でヒロインの娘役を演じる。今年7月まで放送された『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)ではコメディエンヌとしての才能を発揮。8月4日スタート『伝七捕物帳2』(BSプレミアム)レギュラー出演、9月23日からは舞台『オーランドー』出演予定。

取材・文/中村裕一 撮影/時永大吾

日刊SPA!

最終更新:7/30(日) 11:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年9月19・26日合併号
09月12日発売

¥420

・負け組[50代]になる人の特徴
・[仮想通貨バブルで儲ける](超)入門
・[騒音トラブル]で殺されない方法
・[安くても美味しい食品]の見抜き方