ここから本文です

2時間で12品を調理! 「つくりおきマイスター養成講座」を開講

7/31(月) 7:10配信

オーヴォ

 「野菜ソムリエ」など食の資格を創出、活躍者を送り出すフードディスカバリー(東京)は、家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」を運営するタスカジ(東京)と共同で「つくりおきマイスター協会」を設立、“2時間で12品の料理を作るダンドリ術”を身につける「つくりおきマイスター養成講座」を開発した。第1期は9月30日に開講予定。現在、受講生を募集開始している。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 つくりおきは慌ただしい平日の夕食を、彩り豊かで栄養バランスの取れたゆとりある食卓に変えてくれる、賢く楽しい生活術。つくりおきマイスター協会は「日本の食卓と生活を豊かに彩る」、「働く女性にゆとりの時間を創出する」の実現を目指している。

 2時間で12品のつくりおきができる、調理の段取り方法を習得した人を「つくりおきマイスター」と認定。5日間分の料理をストックするため、調理時の作業組み立てのみならず、衛生管理や日をおいて食べても劣化しないおいしさを前提に調理するコツをつかんでいる人だけが「つくりおきマイスター」と認められる。

【つくりおきマイスター養成講座 概要】

第1期 :9月30日(土) 10時~16時 ※ガイダンス、講義3コマ、休憩時間含む

会場 :日本野菜ソムリエ協会東京本部

ゴール:2時間で「基本のつくりおき12品」をつくることができ、平日夜の食卓を彩れるようになる。

最終更新:7/31(月) 7:10
オーヴォ