ここから本文です

アンジャッシュ渡部、4億円豪邸をキャッシュで購入

7/31(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 今もっとも「勝ち組」という言葉が相応しいのはこの男かもしれない。お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)だ。渡部は今年4月、「世界で最も美しい顔100人」で日本人最多となる6度のランクインを果たした女優・佐々木希(29)と結婚し、日本中の男性たちの嫉妬を買った。

 その嫉妬の炎に油を注ぐような情報をキャッチした。6月、渡部夫妻が新婚生活の“愛の巣”として、約4億円の超高級マンションを購入したのである。物件は都内有数の高級住宅街の中でも、トップクラスの値が付けられていた。さらに2人が購入したのは、マンション内で最も広い高価なペントハウス。

「価格は3憶8000万円ほどだと見られます。室内の仕様も超豪華で、ルーフバルコニーやキッチンには巨大なワインセラーが備え付けられています」(地元の不動産業者)

 広さは約155平米。坪単価は約800万円になる計算だ。

「高級住宅地とはいえ、“高値づかみ”といえる坪単価です。しかし、抵当権が設定されていないので、渡部夫妻は約4億円をキャッシュで払ったものと思われます」(同前)

 持ち分は渡部と佐々木で2分の1ずつになっているが、それでも1人2億円を支払ったことになる。それにしても大御所とは言えない渡部がそんなリッチマンだったとは……。

 渡部はレギュラー番組を週に9本も持つ売れっ子だ(コンビ出演含む)。さらに最近は芸能界の“グルメ王”としての地位も確立。渡部がオススメの飲食店を紹介するブログは人気を博し、グルメ本は累計8万部の売り上げだという。

「非常に頭の回転が早く、気配りもできる。一昨年から長寿番組の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の司会も任されていますし、将来は大物司会者になると目されています。また、『夜景鑑賞士検定』や『日本さかな検定』、『高校野球検定』などユニークな資格や特技を持っているため、その方面からの仕事もコンスタントに入ってくる。“稼ぎ口”が他の芸人と比べてはるかに多いのです」(芸能担当記者)

 新居購入について佐々木の所属事務所は「プライベートについてはお答えしていません」とのこと。一方の渡部の所属事務所にも問い合わせたが、期日までに回答は得られなかった。

 芸人ドリームを実現した渡部だが、ここまで勝ち組だと何だか笑えない。芸人としては致命傷では……というのは本誌記者のやっかみです。

※週刊ポスト2017年8月11日号