ここから本文です

“ZOZODOWN”の影響全くなし、スタートトゥデイ17年4~6月期は売上高40%増

7/31(月) 19:06配信

WWD JAPAN.com

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイの17年4~6月期決算は、商品取扱高が前年同期比40.9%増の595億円、売上高が同39.4%増の214億円、営業利益が同59.3%増の79億円、純利益が同54.5%増の55億円で、増収増益だった。コスメなど幅広い新規ブランドの出店やブランドクーポンの積極化、決済手段の拡充などが好調の要因。18年3月期の目標に掲げた商品取扱高2700億円に向けて、計画を上回る順調な結果だった。

 6月14日午前6時頃から26時間にわたったシステム障害による売り上げの損失は7億円ともいわれるが、柳澤孝旨・副社長兼最高財務責任者(CFO)は年間計画に対する影響は軽微なものだと断言。「商品取扱高の上昇に向けたエンジニア採用の時期で、新しい仕組みを作っていこうと言っている矢先の障害だった。原因はデータベース上のトラブルだが、業績に対する影響は非常に限定的。1日の売り上げは誤差の範囲内で、影響はほとんどない」と話した。

 コスメなど新ジャンルのブランドを積極的に取り入れていることについては、「カテゴリーの拡充はこれまでもキッズやアウトドア、バッグなどについて実施してきたので、目新しいものではない。ただ、コスメは定期的に購入するものなので、定期的にサイトを訪れてくれるのではないかと期待している」と説明する。

 その他、話題となっているヤマト運輸との取り組みについては、「交渉中なので、値上げ時期や価格については未定。協力しながらやれることをやっていきたい」とコメント。今期中のスタートを目指すプライベートブランドについても、「まだ話せることはないが、プロモーション費用などをかけるわけではないので、今期の結果に大きな影響はない」と明言を避けた。

最終更新:7/31(月) 19:07
WWD JAPAN.com