ここから本文です

サンドウィッチマン「伊達みきお」の東北愛「財布は気仙沼」

7/31(月) 6:00配信

SmartFLASH

 誰しも生まれ育った土地に対して愛着を持つが、彼らほどの郷土愛はなかなかお目にかかれない。宮城県仙台市出身のお笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしだ。

 彼らは2011年の東日本大震災直後から義援金を出し始め、これまでの寄附合計が4億円をゆうに超えているのは有名な話だ。

 7月23日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)でも、彼らの東北愛が感じられる一幕があった。持ち物チェック企画にて、伊達の持ち物が、東北に縁のあるものが多かったのだ。

 まず、財布は「気仙沼で買った」という、約3万円のサメ革のものだった。

「ぼくの財布、サメ革なんです。宮城県の気仙沼で(買った)」と説明しながら、「気仙沼ってサメの漁獲量、日本一なんです」と東北のアピールもトークに盛り込んでいる。

 さらに、「おもしろい名刺あります」と話しながら、財布を開くと、なかからは東北にまつわるVIPたちの名刺が。東北楽天ゴールデンイーグルスの梨田昌孝監督に、福島県知事の内堀雅雄、アイリスグループの大山健太郎会長……。

 東北に根ざした活動を続けることによって、華麗なる人脈を築けているのだろう。そして、その人脈を活かして、さらなる飛躍を遂げていくに違いない。

最終更新:7/31(月) 6:00
SmartFLASH