ここから本文です

テスラがモデル3の納車開始、幸運な30人の社員が最初のオーナーに

7/31(月) 19:28配信

エスクァイア

 テスラ社員にとって、たまらないプレゼントになったはずだ。

【3800以上もリツイートされたイーロン・マスクのつぶやきはこちら!】

 テスラは7月28日(米国時間)、開発・製造を進めてきた「モデル3」を正式に披露した。「モデル3」はテスラが初めて発売する手頃な価格設定の電気自動車だ。テスラのCEOで火星への人類移住計画の推進者としても知られるイーロン・マスクは同日、製造ラインから出てきたばかりの「モデル3」30台を同社社員に渡し、彼らが世界で最初のモデル3オーナーとなった。

 モデル3の正式な発売時期についてテスラはまだ明らかにしていないが、マスクは7月初めに「今年12月には月産台数2万台も可能」とする見通しをツイートしていた。

 ただし、テスラのショールームに出かけていって、その場でモデル3を購入して帰ってこれる、という状況になるまでにはもう少し時間がかかりそう。最初のモデル3オーナーになるべく預託金1000ドルを支払った予約者の数は50万人以上に上り、テスラが受注分をすべて納車するまでには1年以上かかる可能性があるとブルームバーグは伝えている。

坂和敏

最終更新:7/31(月) 19:28
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

2016年10月発売号

価格1200円

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます