ここから本文です

日本文具大賞デザイン部門優秀賞受賞「びわこテンプレート」を生み出したコクヨ工業滋賀、マニア垂涎の工場見学の魅力

2017/7/31(月) 12:01配信

Suits-woman.jp

2017年の日本文具大賞のデザイン部門にて優秀賞に選ばれた「びわこテンプレート」をご存知でしょうか?琵琶湖がスラスラ描けるテンプレートで、正直「誰が、どこで使うんだ!?」と思ってしまうような遊び心溢れる文具です。このテンプレートは、コクヨ工業滋賀がオリジナルで作っている「ReEDEN(リエデン)」シリーズの「びわこ文具」という文具の1つです。

(写真「びわこ文具」シリーズ。中央が日本文具大賞を受賞した「びわこテンプレート」(400円)。ちなみに左右の文具に描かれているキャラは滋賀県発祥の飛び出し注意を呼びかける人形型看板・とび太くん。左端は「とび太くんヨシノート」(225円)、右端は「とび太くんふせん」(350円)税別。)

ヨシの活用が水質浄化や生態系保全など環境維持につながることから、琵琶湖・淀川水系のヨシを使用した紙製品「ReEDEN」シリーズが生まれ、2007年からスタート、今年で10周年を迎えます。「びわこ文具」は2014年から販売されていて、文具マニアの間では話題になっていました。「ReEDEN」「びわこ文具」は、滋賀県の主要文具店や観光地などで購入できます。ちなみに「びわこテンプレート」は琵琶湖に特化した測量野帳「ロクブンノイチ野帳」に最適なサイズになっており、一緒に持ち歩いて、滋賀・琵琶湖周辺の活動記録や旅の思い出、メモなどを書き留めるのに使えるそう。

これらを手掛けるコクヨ工業滋賀はコクヨ「キャンパスノート」の日本最大の生産工場で、近年工場見学も行なっていて、とても人気を博しています。今回、その工場と「ReEDEN」シリーズについて取材してきました。

滋賀愛、文具愛がいっぱい!のコクヨ滋賀工場

滋賀県の工場団地と言われるエリアに所在するコクヨ工業滋賀。周囲にはコンビニが2軒、あとは工場と田んぼに囲まれた、のどかなロケーションです。こちらは1988年に開設され、以来「キャンパスノート」を生産しています。1年間1億冊以上を販売する「キャンパスノート」のマザー工場なのです。

1/3ページ

最終更新:2017/7/31(月) 12:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。