ここから本文です

眠りの質を高める!「ベッドまわり」6つのアイデア

7/31(月) 17:00配信

集英社ハピプラニュース

お部屋作りの中で後回しになりがちなベッドルームですが、実は、とても長い時間を過ごす場所。“忙しくても健やかな人”ほど、睡眠を重視しています!
眠りにこだわる達人に、インテリアやグッズ、睡眠習慣をインタビューを行いました。

今回は、雑誌、広告のインテリアスタイリングを中心に活躍するインテリアスタイリスト、石井佳苗さんのアイデアをお届けします。

1 寝室には、落ち着いた色だけ。目に刺激を与えず眠りをいざなう

眠る前に刺激的な色が目に入ると頭が冴えてしまうから、寝室には落ち着いた色彩のものだけ。白~ベージュ、木の色が基調です。枕カバーやシーツ類はイケアのもので、上にかけるスローを時々替えることでイメージチェンジしているそう。

2 内窓+薄布で日光をやわらげ目覚めも穏やか

寝室は、もともと和室だった場所。リノベで新たに内窓付きの壁を作り、圧迫感なくリビングと区切っている。植物と、透け感のあるポジャギをはさむことで、丸見えにならず、ゆるい仕切りに。夜、内窓から漏れるやわらかな明かりをリビング側から眺めることで、自然と眠る気分になれるそう。

3 一年中、パジャマはリネン。こなれた風合いで寝苦しさゼロ

10年以上着ている「カトリーヌ・メミ」のリネンのパジャマは、体にしなやかに寄り添い、体を締めつけない。DIYで作ったラダーを一時置きに。

4 機内用に生まれたアイテムは、疲れた夜でもリラックス効果大

「SHIGETA FLY with ME」のアロマオイル、スプレー、リップで好きな香りを身につけるのが、就寝前の習慣。その後、短編小説を手に寝室へ。

5 眠る直前にはぬくもりのあるものを見て、よい夢を

壁に映る影が美しいランプは、最後に消す明かりとして。この幻想的な雰囲気が、眠りにつく寸前の、ぼんやりした意識に心地いい。

6 ベッドサイドのベンチは収納やディスプレイに重宝

窓の下に置いたお手製ベンチは、ベッドサイドテーブル以上に使い道いろいろ。上に植物や時計を置いたり、下は収納場所にも。石井さんは、一緒に寝ている愛猫のグッズをしまっている。そばには、猫たちがリビングと自由に行き来できる、猫専用のミニ扉も!

「原色は、なるべく寝室に置かず、ぼんやりした明かりの中、ベージュやオフホワイトでふんわり視界を埋めます。本を読むうちに視界がぼやけ、最後の明かりをどうにか消す……くらいだと、一気に深い眠りがやってくるんです」(石井佳苗さん)

撮影/大森忠明 取材・原文/福山雅美

LEEweb

Yahoo!ニュースからのお知らせ