ここから本文です

パワフルな6名の女神たち。年齢もキャリアも様々、トップモデルの色褪せない魅力。

7/31(月) 21:40配信

VOGUE JAPAN

ナターシャ・ポーリー 32歳のママモデル、癒しはやっぱり家族との時間。

15歳でモデル業をスタートし、3年後にはエマニュエル ウンガロのランウェイを闊歩。翌年には54ブランドのランウェイに登場し、デビュー後瞬く間にイットモデルの地位を確立したロシアンモデルのナターシャ・ポーリー。ルイ・ヴィトン、ランバン、バルマンを含む多くのトップメゾンの広告塔に抜擢されるほか、12ヵ国の『VOGUE』の表紙を飾るなど、今もなお第一線で活躍し続けるベテラン勢の1人。

【写真】年齢もキャリアも様々な6人のミューズ。彼女たちの素顔やこれまでのVOGUEのカバーストーリーまで、その魅力を深堀り!

トップモデルとしてキャリアを築く一方、ママとしても子育てライフを満喫中! UK版『VOGUE』のインタビューでは「家族を持ってからとてもリラックスできるようになった」と語っており、愛娘とヨットを楽しむ姿や「パーフェクトな日曜日」のハッシュタグと共にスヤスヤと眠るキュートなツーショットをはじめとするリラックス感漂う日常をインスタグラムに公開している。

ドウツェン・クロース 元スイマーならでは鍛え上げられたボディは健在。

モデルとしてデビュー以降、ヴァレンティノやフェンディをはじめとするランウェイに起用され、2008年にはヴィクシーエンジェルスの仲間入りを果たしたオランダ出身のドウツェン・クロース。『Forbes』誌が発表する「世界で最も稼ぐモデル」には上位をマークし続けているトップモデルの1人でもあるが、モデルとして活躍する以前はなんと元競泳選手という異例のアスリート出身。

今年の6月には鍛え上げられた美しい腹筋をイビサのビーチで惜しげもなく披露しているところをパパラッチされ、そのヘルシーボディはオン・オフともに注目の的だ。

ジョアン・スモールズ プエルトリコ出身の29歳、エキゾチックな雰囲気が魅力。

アフリカやアイルランド、ネイティブ・アメリカンやスペインなど複数のルーツを持ち、エキゾチックな雰囲気を纏うジョアン・スモールズ。ドウツェンと同じくヴィクシーエンジェルスとして活躍し、2013年には『Forbes』誌が発表する「世界で最も稼いだモデル」にランクイン。

週4、5回のワークアウトでストイックに鍛えあげられたヘルシーボディでイタリア発のデニムブランド、リプレイの広告塔に抜擢された彼女はプライベートでもデニムスタイルがお気に入りだとか。十分な丈のものを探すのが一苦労だとモデルならでは悩みは羨ましい限り!

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 21:40
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月28日発売

700円(税込み)

ララ・ストーン、ドウツェン・クロース、ナターシャ・ポーリーなどトップモデル6名が表紙で豪華競演。