ここから本文です

トム・クルーズの新作ミイラ映画の“破壊力”に、ユニバーサルが描く「怪物世界」の行く末が見えた

7/31(月) 18:50配信

WIRED.jp

ディズニーやワーナーの成功が証明している通り、いまや作品同士がクロスオーヴァーする “ユニヴァース”という世界観をつくる手法は、ハリウッドのドル箱だ。この大波に、ユニバーサル・ピクチャーズが乗らんとしている。その名も「ダーク・ユニバース」。果たしてその行く末やいかに。

スピルバーグ新作『Ready Player One』予告編。2018年3月30日に米国公開予定。

痛恨のトム

友たちよ! フランケンシュタインよ! ギル・マンよ! 耳を貸してほしい(実のところ、寄り添ってはほしくないのだが)。わたしは映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を讃えるためではなく、再び埋葬するためにこの記事を書いている。

トム・クルーズは、自らの奇行でたびたび墓穴を掘っても、映画スターであり続けてきた。ソファーの上で跳びはねてひんしゅくを買った一件ですらやり過ごしたのだから、この先も大抵のことなら乗り切るはずだ。しかし、『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』での失速は、彼のキャリアとユニバーサル・ピクチャーズのマーケティング予算を危うくするだけでは、収まらないかもしれない。

本作は、ユニバーサル・ピクチャーズが往年のモンスター映画をリメイクする「ダーク・ユニバース」プロジェクトの、記念すべき第1弾となる作品だ。言わせてもらえば、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』に何が起きようと、このプロジェクトはまだ成功する可能性がある。とはいえ、容易なことではないが…。

残忍な生き物を主人公にした場合、彼らが勝つ(そしておそらく、続編やスピンオフ作品に登場する)には、対峙する英雄的な人間たちを皆殺しにする必要がある。実際、そういう点が、ホラー映画とSF映画の主要な分かれ目のひとつかもしれない。『エイリアン』は、地球外生命体「ゼノモーフ」に肩入れするホラー映画だが、『エイリアン2』は、海兵隊に声援を送るSF映画であったのがいい例だ。

このことは、人類を絶滅せんとする恐ろしいモンスターたちを集めて、『アベンジャーズ』のようなチームを結成した場合、その売り込み方が思いのほか難しいことを示唆している。映画のなかで、モンスターたちは実際に人類を滅亡させようとしているのか? だとしたら観客は、どちらが勝ってほしいと期待するだろうか?

1/3ページ

最終更新:7/31(月) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc