ここから本文です

メラニア・トランプ夫人、イギリスのハリー王子とついにご対面?

7/31(月) 20:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

今年5月下旬に初外遊をこなしたドナルド・トランプ米大統領。訪問先でのふるまいや失言の影響で、米『ワシントンポスト』紙に「恥さらし」と酷評されるなど散々な様子だった。でも同伴した妻のメラニア夫人は現地メディアから意外にも高評価。そんなメラニア夫人が今年9月、単独でカナダ・トロントを訪問することが明らかになった。

【関連記事】メラニア・トランプの育児法について、あなたが知らなかった12のこと

ホワイトハウスが発表した声明によると、メラニア夫人は2017年9月23日~30日にトロントで開催される、傷病兵たちによる国際スポーツイベント「インヴィクタス・ゲーム(Invictus Games)」に出席するという。このイベントは2014年にイギリスのハリー王子が発足したもので、今年は17カ国から約550人の選手たちが、車椅子でのバスケットボールやバレーボール、パワーリフティングなどの競技に参加。アメリカからも90名ほどの選手が参加予定なのだそう。

フロリダで行われた前回の大会には、ミシェル・オバマ元大統領夫人も出席。メラニア夫人はその影響を受け、参加を決意したと米CNNは報じた。

大会について、メラニア夫人は次の声明を発表。「2015年にロンドンで開催された第1回目の大会と、昨年フロリダ州オーランドで行われた第2回目の大会はとても感動的でした。2年の間に多くの傷病兵たちが競技に参加することができたでしょう。こうした大会は、これからも世界中で称賛され、支援を受けるべきです。そして第3回目となる今年の大会にアメリカ代表として参加できることをとても光栄に思っています」

『USAトゥデイ』紙は、大会でメラニア夫人がハリー王子とご対面する可能性を示唆。またハリー王子の恋人メーガン・マークルもドラマ『SUITES/スーツ』の撮影がトロントで行われているため、3人揃っての対面もあるかも!と期待を寄せた。

それについてメラニア夫人の代理人ステファニー・グリシャムは「続報に要注目」とコメント。彼女もそう言うのだから、楽しみに待つしかない。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。