ここから本文です

GLAY、お台場のフリーライブで伝えた“ファンへの感謝” 新旧織り交ぜた楽曲披露で1万人熱狂

7/31(月) 22:30配信

リアルサウンド

 7月31日の「GLAYの日」に、GLAYが青海南臨時駐車場 J区画にてフリーライブ『GLAY 14th Album発売記念「TOKYO SUMMERDELICS」』を開催した。同公演はこの日の午前10時に発表されたにも関わらず、炎天下に1万人の観客が集まり、大いに盛り上がりを見せた。

 観客の手拍子に出迎えられ、メンバーが登場。猛暑の中メンバーを待ちわびていた客席に、TERUが「ありがとねー!」と叫び、最新アルバム『SUMMERDELICS』収録の「the other end of the globe」へ。「行くぜー!」とTERUが客席を煽ると、会場中がさらに熱気に包まれた。続いてJIRO作曲の「Scoop」ではHISASHIが飛び跳ねるようにギターを弾き、ハンドマイクでTERUがステージを所狭しと動き回るなど、メンバーもヒートアップしている様子が伺えた。

 MCではTERUが、18年前に同じく野外である幕張メッセ駐車場特設ステージにて開催し、20万人の観客を集めた『GLAY EXPO '99 SURVIVAL』を振り返り「またこうして出来るとは」と感慨深げに語った。そして「色褪せることなく、たくさんのGLAYファン、音楽ファンのみんなから愛を注いでもらって成長した曲」(TERU)とコメントし、当時も演奏したという「HOWEVER」へ。

 じっくりと聴き入るような雰囲気から一転し、観客との定番のやりとりを楽しむ「彼女の“Modern…”」を披露すると、GLAYの新たなサマーアンセムとも言える「微熱(A)girlサマー」、そしてTERUが「この曲で暑い夏を乗り越えてほしい」と語り、「XYZ」へ。TERUが「愛してるぜ、みんなー!」と叫び、本編は終了した。

 アンコールではJIROが汗だくの観客に20万人ライブと今回のフリーライブを重ね合わせ、「良い思い出になると思うんで」と笑顔を見せる。そして「今日来てくれたみんなに感謝の気持ちを込めて、それとこれからもこういう思いで一緒に生きていきましょう」(TERU)と「生きてく強さ」を歌唱。サビでは大合唱が起き、全7曲の濃厚なフリーライブが終了した。

 9月からはアリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS“』をスタートさせるGLAY。MCでの「心の準備をしておいて」(TERU)という言葉通り、ツアーでのパフォーマンスがさらに期待できる公演だった。

村上夏菜

最終更新:7/31(月) 22:30
リアルサウンド