ここから本文です

東邦瓦斯(9533)、ポイント制の株主優待を新設!カタログで好きな商品と交換できるほか、ガスなどの料金に充当できる「がすてきポイント」と交換も可

7/31(月) 23:15配信

ダイヤモンド・ザイ

 愛知、岐阜、三重で事業展開する東邦瓦斯株式会社は、2018年3月末から株主優待制度を新設すると、2017年7月31日に発表した。

【詳細画像または表】

 東邦瓦斯が新しく導入する株主優待の内容は「100株(1単元)以上を1年以上継続保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて、さまざまな商品などと交換できる『株主優待ポイント』を贈呈」というもの。

 「株主優待ポイント」は、以下の3種類と交換することが可能。

 (1)「優待商品カタログ」の中から好きな商品を選んで交換できる。
(2)東邦瓦斯のガス・電気を契約している場合、同社の会員サイト「Club TOHOGAS」内でガス・電気料金の支払等に使用可能な「がすてきポイント」と交換できる(※交換すると、株主優待ポイントの1.3倍の「がすてきポイント」が付与される)。
(3)社会貢献基金への寄付に充当できる。

 なお、「株主優待ポイント」は、継続保有期間が3年以上だと、3年以下の場合の1.5倍のポイントが贈呈される。翌々年度まで繰り越して使用することが可能。優待商品カタログの詳細は明らかにされていないが、食品や雑貨などと交換できるようだ。

 東邦瓦斯が株主優待を導入する目的は、「株主の皆さまの日頃からのご支援やご理解に感謝するとともに、より多くの方々に長期にわたって当社株式を保有していただくこと」とのこと。

 東邦瓦斯の株主優待は、毎年3月末時点の株主名簿に記載された、「100株以上」を保有する株主が対象となり、初回は2018年3月末からとなる。

 通常、毎年3月末時点で1年以上継続保有していることが、株主優待を受けるための条件となるが、初回(2018年3月末)のみ、2017年9月末時点と2018年3月末時点の株主優待名簿に記載されている(=半年以上継続保有している)株主であれば、株主優待の対象となる。

 なお、2017年7月31日時点で東邦瓦斯の単元株は1000株だが、2017年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更し、同時に5株⇒1株の割合で株式併合を実施する予定。今回、新設することが発表された株主優待は、単元株数の変更と株式併合後に実施されるため、株主優待の配布基準は「100株以上~」となっている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

12月号:9月21日(土)

定価730円(税込)