ここから本文です

なでしこ、オーストラリアに4失点敗戦。米国遠征は1分け1敗に

7/31(月) 8:10配信

フットボールチャンネル

「2017トーナメント・オブ・ネイションズ」第2節の試合が現地時間30日に米国サンディエゴで行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)はオーストラリア女子代表に2-4の敗戦を喫した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 日本とオーストラリアのほかアメリカ、ブラジルが参加して行われている4ヶ国対抗戦で、なでしこジャパンはブラジルとの初戦を1-1のドローで終えた。一方のオーストラリアは地元アメリカに1-0の勝利を収めていた。

 開始からわずか6分、なでしこは幸先よく先制することに成功。ショートコーナーから横山が上げたクロスを市瀬が繋ぎ、最後は田中美南が肩で押し込んで1-0とした。

 だがその後は失点を重ねる展開となってしまう。11分にはロングボールで右サイドに抜け出したラソが折り返し、カーが中央で合わせて豪州が同点に。そのわずか5分後には初出場の坂本が最終ラインでボールを奪われ、カーに2点目のゴールを許した。

 前半終了間際にもカウンターからカーが抜け出し、一旦はGK池田に弾かれたボールを押し込んでハットトリック。後半に反撃を試みたなでしこだが、62分には長谷川のハンドでPKを与えてしまい、バン・エグモンドがこれを決めて4-1と突き放した。

 終了間際には田中がヒールで落としたボールから籾木が1点を返したが、なでしこは2試合を終えて1分け1敗。オーストラリアは2連勝を収め、この大会での日本の優勝は消滅した。現地時間8月3日にはアメリカとの最終戦を戦う。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)