ここから本文です

騙されてない? フェイクニュースかどうかすぐ分かる3つのポイント

7/31(月) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 「インターネットは性善説でまわっている」とは、私がインターネットの勉強を始めた90年代の終わりに講師から聞いた言葉だが、2017年現在も世間一般のベースにあるのは「ネットに書いてあることは正しい」という認識ではないだろうか。

 だが、2016年末に起こった医療系サイト「WELQ」の問題を出すまでもなく、現状は虚偽と事実、事実のように書かれた意見など、玉石混淆な状態だ。だからといってインターネットから情報を得ないわけにはいかないだろうし、そもそも新聞や雑誌やテレビが100%信頼できるというわけでもない。本書『フェイクニュースの見分け方』(烏賀陽弘道/新潮社)は、そんな「情報のカオスの海」から「事実の見つけ方」を指南した本である。

 著者の烏賀陽弘道氏は新聞記者→週刊誌記者→編集者→フリー記者と、活字媒体のあらゆる職種を経験しているジャーナリストだ。記者が記事を書くためには、その根拠となる情報が重要である。だから情報の見極め方に精通している。本書にある、情報の見分け方についていくつか紹介しよう。

■書いてないことに注目すべき

 2010年8月30日付産経新聞朝刊に「ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売」という記事が載った。これは、携帯音楽プレーヤーの8月の国内販売台数において、ソニーのウォークマンが米アップル社のiPodを抜く見通しで、ソニーの音質が売りの「音楽専用プレーヤー」に特化した販売戦略が実を結んだ結果だ、というものだ。

 なるほど、と納得してしまいそうだが、ここには書かれていないことがある。

・確かにウォークマンはiPodを追い抜いているが、8月の1ヶ月に限っていえば、の話である。
・iPhoneに音楽を聞ける機能を搭載したので、ユーザーがiPodからiPhoneに移った。ゆえに、iPodの売上減少はソニーとの競争の結果ではない。
・iPodは新製品の発売が予定されていて、ユーザーの買い控えが起こっていた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!

Yahoo!ニュースからのお知らせ