ここから本文です

藤井聡太四段を渡辺明竜王はどう見る?「野球で言うと高卒1年目3割30本」

7/31(月) 8:01配信

Number Web

 天才が天才を語る――。

 Number932号では、「天才中学生の真実」と題した特集で、卓球の張本智和選手と、将棋の藤井聡太四段の記事を掲載している。藤井四段については、あらためて説明するまでもないだろうが、史上最年少となる14歳2カ月でプロ棋士となり、2016年12月のデビュー戦以降連戦連勝を続け、今年6月にはとうとう公式戦の新記録となる29連勝を達成してしまった、まさに天才少年である。

 この藤井四段の「強さ」を、いかにスポーツ総合誌の記事にするか。そこでご登場いただいたのが、渡辺明竜王である。

 渡辺竜王は、藤井四段の前に、史上4人目となる中学生棋士となった、まぎれもない「天才」である。10代の頃からタイトル戦に登場し、20歳で将棋界の最高位である「竜王」を獲得すると、以降9連覇。現在も「竜王」「棋王」の2冠を保持している。

 そして、渡辺竜王は「将来は馬主になりたい」というほどの競馬ファンであり、さらに現地観戦に赴くほどの欧州サッカーフリークなのだ。自身も日本将棋連盟フットサル部に所属し、フットサルを楽しんでいる。

予断や憶測に基づいた過剰なリップサービスではない。

 渡辺竜王は、自身に続く「天才少年」である藤井聡太をどう見ているのか。棋譜を掲載することなく、その強さをどのように表現してくれるのか。できれば、サッカーや競馬にたとえて、藤井四段の将棋を説明してもらえたら――。「渡辺明竜王が見た『藤井聡太』の強さ」というテーマでインタビューを申し込むと、快く受けていただいた。

 千駄ヶ谷の日本将棋連盟の対局室の一室で、様々な質問を投げかけていく。驚いたのは、渡辺竜王が発する言葉が、そのまま文字にできるほど理路整然、明瞭簡潔だったことである。まだ実際に対局をしたことがないので、予断や憶測に基づいた過剰なリップサービスなどはなく、トップ棋士として客観的に藤井将棋について解説してくれた。

「今の成長曲線で行けば羽生さんと同じくらいまで……」

 「当然、今の時点での藤井君の評価は定まっていません。これまでの対戦相手は四、五段の棋士が多く、早指し棋戦(持ち時間の短い対局。実力を計りにくいとされる)も多いです。いわゆるトップクラスとの公式戦はまだ5局くらいですから、評価として不透明な部分はあります。あと20、30局のサンプルは見たいなとは思います」

 「どのくらいの棋士になるのか、ある程度分かるようになるのは3年後くらいじゃないですか? 今の成長曲線で行けば羽生さんと同じくらいまで達すると思いますけど、まだ推測や期待の域を出ないです」

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 8:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

933号
8月9日発売

定価590円(税込)

甲子園ライバル伝説。

田中将大/ダルビッシュ有/筒香嘉智/大谷翔平/松井秀喜/清原和博
47都道府県ライバル対決