ここから本文です

亀の子束子の総本家「西尾商店」 そのたわしが使いやすい理由とは? CREA 2017年8月号

7/31(月) 12:01配信

CREA WEB

 とにかく丁寧に作られていて壊れにくい上質なものが多い日本製品。その中でも毎日使えるこだわりの日用品について、スタイリストの西﨑弥沙さんに伺いました。

◆亀の子束子の「たわし」

「亀の子束子の棕櫚たわしは数種類あり、こちらは野菜を洗うのに便利。ねじれ部分が手に収まり、縦使いなら細かいところ、横使いなら広い面と使い分けて」(西﨑さん)

亀の子束子 西尾商店
電話番号 03-3916-3231

●今回、お話を伺ったのは……

西﨑弥沙(にしざき みさ)さん
スタイリスト。雑誌、書籍、広告等で料理やインテリアのスタイリストとして活躍中。時代の気分を読んだモノ選びに定評。

湯澤実和子

最終更新:7/31(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいものから定番の名品まで
贈りものバイブル。

47都道府県手みやげリスト
カイ(EXO)「大人のような少年のような」