ここから本文です

猛暑を忘れさせるアイデアが満載! あの「星野リゾート」の納涼旅とは

7/31(月) 12:01配信

CREA WEB

 夏本番、寝苦しい夜が続いているが、そんな暑さを忘れるような納涼旅はいかが? 今回は、各地で根づいてきた昔ながらの手法で涼をとる星野リゾートの納涼旅を紹介しよう。

◆星のや京都納涼舟の上で京のスイーツを堪能

 小倉山と嵐山の峡谷に佇み、四季の美しい景色と京都の文化を楽しめるリゾート「星のや京都」。非日常の旅を満喫できるこの宿で、まちの喧噪から離れた“納涼滞在”を。

 まず、水辺で涼を楽しめる“納涼床”が期間限定で登場。池の上を渡るようにしつらえられた桟敷には限定席も設けられ、滝のしぶきを身近に感じられる。また池の前には、日本酒やオリジナルカクテルを振る舞うバーも。

 納涼床を演出する提灯は、京都小嶋商店のもの。京地張りという手づくりの製法で、江戸時代から続く伝統工芸の技だ。風情ある宵を楽しもう。

 食事後には、水辺の夜坐を体験。大堰川や嵐山の風景を模した枯山水の「奥の庭」で、ストレッチなどの体操や、呼吸法を重視した瞑想の時間を過ごす。

 照明を落とした静かな空間で、虫の音や香の香りを聞きながらリラックスするひとときは、暑い夜でも心地よい眠りに誘ってくれるはず。

 翌日は、星のや京都専用の屋形船で大堰川へ繰り出そう。この納涼舟では、京都の和洋の菓子職人が趣向を凝らしてつくった涼を感じるスイーツが楽しめる。また、菓子に合わせたスパークリングワインも。

 舟の上で涼みながら、嵐山や小倉山の景色とともに京菓子を味わう贅沢なひととき。

星のや京都
所在地 京都市西京区嵐山元録山町11-2
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
http://hoshinoyakyoto.jp/

◆星野リゾート 界 熱海風鈴のオーケストラが奏でる涼音

 相模湾を望む伊豆山の高台に佇む「星野リゾート 界 熱海」。現代的なデザインと数寄屋造りが融合した「本館」と、国の登録有形文化財であるクラシカルな洋館のオーベルジュ「別館ヴィラ・デル・ソル」からなる海辺のリゾートだ。

 日本三大古泉に数えられる伊豆山温泉の源泉「走り湯」からも海が望め、「空中湯上がり処 青海テラス」は空中に浮かぶように張り出し、海風を感じることができる。

 その青海テラスで、夏の間“空中縁日”が開催されている。そしてこの宿の夏の風物詩ともいえるのが“風鈴オーケストラ”。三嶋大社門前でつくられる“みしま風鈴”が約300個並び、涼やかな音色を響き渡らせる。

 また8月3日(木)に開催される「伊豆山花火大会」では、この青海テラスが絶景スポットになる。

 空中縁日では、熱海市の花木である梅にちなみ、“梅蜜かき氷”や“綿あめ梅カクテル”などのオリジナルドリンクも登場。綿あめ梅カクテルは、綿あめが溶ける姿も楽しい、夕涼みにぴったりのカクテルだ。湯から上がったら、夜風に当たりながら風流な夏の夜を楽しもう。

星野リゾート 界 熱海
所在地 静岡県熱海市伊豆山750-6
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/atami/

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年9月号
8月7日発売

定価780円(税込)

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

岡村靖幸×ほしよりこ
高橋一生「ひとり、静かな生活」

ほか