ここから本文です

一味違うビール、アイス、かき氷 家で楽しむ家電4選

8/1(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 2017年もいよいよ8月に入り、夏本番を迎える。どうせ暑いなら、より夏らしいおいしいモノでリフレッシュしたい。冷蔵庫を使わずにアイスができる「アイスデリ プラス」や、アウトドアでもおいしいビールが飲める「パーティービアサーバー」など、暑い日にぴったりの家電を紹介する。

■最新家電で一味違うアイスやビールを

 「猛暑」と聞いて、買いたくなるものは何だろうか。調査会社インテージ(東京・千代田区)の調査によると、1位に挙がったのが「アイス・かき氷」。実際、「観測史上最も暑い夏」を記録した2010年のアイスクリームの販売金額は、前年比121%だったという。

 一方、暑い日には、キンキンに冷えたビールが飲みたくなるという人もいるだろう。家で缶ビールや瓶ビールを飲むときも、あえてグラスに注いで、泡をつくるのがおすすめ。クリーミーな泡がビールにフタをするため、風味が変わるのを防いだり、口当たりをやわらかくしたりして、おいしいビールになる。

 そこで今回は、自宅で一味違うひんやりデザートや、ビアホールさながらのビールが楽しめる家電を紹介する。

■放っておけばアイス完成/アイスデリ プラス

 アイスクリームメーカーといえば、事前にポットを8時間以上、冷凍室で冷やしておくものが一般的。そのため「思いついたときに作れない」「冷凍室のスペースを確保しておかなければならない」などの課題があった。その課題を解決した製品が、ハイアールジャパンセールスから登場した家庭用アイスクリームメーカー「アイスデリ プラス JL-ICM720A」だ。

 アイスデリ プラスは、電子冷却方式(ペルチェ方式)を採用したアイスクリームメーカー。材料を入れてボタンを押すだけで冷却ポットが冷えるため、事前冷却をする必要がない。冷却しながら回転ブレードが材料を混ぜ続け、空気をたっぷり含んだなめらかなアイスクリームができる。濃厚アイスはもちろん、低カロリーアイス、無添加アイスなど、手作りならではのアイスクリームが放っておくだけで作れるのが魅力だ。

 自動メニューは、しっかり食べごたえのあるアイスクリームが作れる「かため」やサクサクした食感が楽しめる「シャーベット」、冷たいジュースや冷製スープが作れる「冷スープ」など、仕上がりに応じて6段階用意。「かため」の場合、約300mlの材料から約700mlのアイスクリームが40~120分で完成する。

1/3ページ

最終更新:8/1(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。