ここから本文です

渋谷駅再開発の施設名「渋谷スクランブルスクエア」に決定

8/1(火) 20:06配信

WWD JAPAN.com

 渋谷駅で大規模な建設工事が進む「渋谷駅街区開発計画」(事業者:東急電鉄、JR東日本、東京メトロ)の施設名称が、「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」に決定した。ロゴマークも発表された。2019年開業予定の第Ⅰ期(東棟)は渋谷エリア最高の高さ230メートル・47階建ての高層ビルで、高層部にはオフィス、中低層部には商業施設が入る。名称決定を機にオフィスと商業施設のリーシングも開始する。

 東棟の商業施設は地下2階・地上14階で売り場面積は約3万平方メートル。コンセプトに掲げる「ASOVIVA(アソビバ)」は、遊び場とVIVA(生きる、万歳、うれしいこと)を掛け合わせた造語で、さまざまな人や情報が交差する「世界最旬の商業施設」を目指す。27年予定の第Ⅱ期(中央棟、西棟)の完成時には合計で約7万平方メートルの大規模商業施設が誕生することになる。

 商業施設の中身はまだ発表されておらず、超一等地だけに流通関係者の間ではさまざまな憶測が飛び交っている。事業者の企業から核テナントとして、同じ東急グループで長らくこの場所で営業する東急百貨店、東急不動産の東急プラザ、JR東日本のルミネなどの名前が取り沙汰されている。

最終更新:8/1(火) 20:07
WWD JAPAN.com