ここから本文です

つりビット「私たちも勝負のイベントだと思っています」

8/1(火) 12:03配信

otoCoto

つりビットが、7月31日HMV & BOOKS TOKYO 7F イベントスペースにて開催された“@JAM EXPO 2017 OFFICIAL BOOK EVENT vol.1”に出演。ミニライブと特典会を行った。

このイベントは、2017年8月26日(土)・27日(日)に横浜アリーナで開催される大型フェス“@JAM EXPO 2017”で販売されるOFFICIAL BOOKの発売を記念し行われたイベントで、第一回のステージをつりビットが飾った。

つりビットのメンバーがステージに登場すると、山下達郎のカバー曲「踊ろよ、フィッシュ」を披露。清涼感のある歌声と、瑞々しいパフォーマンスに、場内から手拍子が沸き上がる。続く「Blue Ocean Fishing Cruise」と、“釣り”をユニットテーマとするつりビットならではの世界観を閉じ込めたサマーソングを熱唱した後、「ここ渋谷の感じが入っている歌詞になっています」と紹介した「Get ready Get a Chance」をパフォーマンス。イベントが行われた渋谷モディ前の交差点がMVのロケ地であるこの曲を、この場所で聴くというのもなかなか趣深い。そして疾走感あふれる「A Color Summer!!」を歌い上げ、ミニライブを締め括った。


ミニライブの後、イベント司会を務める霧氷浄に「元気が出ましたね~」と声を掛けられると、「本当ですか? (ライブ中)見てたら無表情でしたよ」と、リーダーの長谷川瑞が切り返し、場内の笑いを誘うシーンも。今年の@JAM EXPO 2017のナビゲーター“サクラノユメ。”のメンバーに抜擢された安藤咲桜は、「グループの代表として出るので、3人で仲良く力を合わせてライブを作り上げているので、@JAMを思いきり盛り上げていきたいと思っています」と、意気込みを語った。

他のメンバーも@JAM EXPO 2017に向けて、「毎年出させていただいていて、私たちも勝負のイベントだと思っているので、今年は去年よりももっともっと爪痕を残して、みなさんと一緒に盛り上げていきたいなと思います」(竹内夏紀)、「@JAMは毎年楽しいことがいっぱいあって、ケータリングとか(笑)。もちろんステージも楽しみですよ。@JAMも今回は大きいステージでやりたいですよね。ぜひつりビットのステージを見に来てください」(小西杏優)

「@JAMはたくさんのアイドルさんが出てるんですけど、その中でもみなさんは絶対につりビットを選んで見に来てくださると思っているので、全力でライブをするので楽しみにしていてください」(聞間彩)、「ハコイリムスメさんとのコラボも今回あるので、来てくれたらうれしいです。一個一個のイベントを大切にして、この夏つりビット駆け抜けて頑張っていきたいと思いますので、見届けてくれたらうれしいです。ぜひ見逃さないでください」(長谷川瑞)と、意欲的なコメントを残した。

途中、メンバーから「サクラノユメ。のステージで“釣りポーズ”をやってね」とリクエストされた安藤。その約束が果たされるのかどうか、つりビットのステージもサクラノユメ。のステージも、どちらも必見だ!

文 / 大窪 由香

最終更新:8/1(火) 12:03
otoCoto