ここから本文です

京都の町屋とアールデコが融合したカフェ&ゲストハウス【Jam Jar Lounge & Inn】

8/1(火) 21:01配信

エイ出版社

築110年の西陣町屋をリノベーションした、趣のあるカフェ&ゲストハウス

京都は何度でも足を運びたくなる。歴史に触れることはもちろん、古より日本の中心であった京都は、今なお進化を続け、いつ訪れても新鮮な魅力にあふれている。

築110年の西陣町屋をリノベーションした「Jam Jar Lounge & Inn」もそんなニュースポットのひとつ。オーストラリアで長年インテリアデザイナーをしていたオーナーの池田さんと、同名のカフェを営んでいたダニーさんが2016年8月にオープンしたカフェ&ゲストハウスだ。

西陣町屋×アールデコの心地よい空間

「Jam Jar Lounge & Inn」があるのは北野天満宮のほど近い西陣織の伝統が息づく町屋の一角。オーナーの池田さんとダニーさんが約8カ月かけてリノベーションしたこの建物は、土壁や古材をあえて残し、オーストラリアから運んだアールデコ装飾をバランスよく配置。木のぬくもり、洋書が並ぶ本棚、そしてダニーさんの優しい笑顔が、居心地の良い空間を生み出している。

カフェでは、オーストラリア発のホットサンド「ジャッフル」や、京都の人気店・大山崎コーヒーロースターズの豆を使った香り豊かなカフェメニュー、そしてオーストラリアワインなどがあり、近くにある花街・上七軒の芸舞妓さんも訪れるという。

エッグ・ベーコン・ほうれん草・トマトのジャッフル。サラダとコーヒーのセットで950円(写真下左)
エスプレッソ・マティーニは700円(写真下右)

疲れを癒す和モダン客室

カフェに併設されたゲストルームは1階と2階にあり1日2組限定(1万1000円~)。漆和紙をあしらった和の空間は開放感があり、旅の疲れをゆっくり癒せそう。専用のバスルームやTV、エアコンを完備。基本アメニティー(バスタオル・フェイスタオル・ボディーソープ)もありゲストハウスながら設備も申し分ない。朝食はカフェのジャッフルとコーヒーがやっぱりオススメ。

歴史ある街並みに溶け込むモダンなカフェ&ゲストハウス。京都旅行の拠点として、かなり魅力的な空間だ。

【DATA】
●Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジアンドイン)
住所:京都市上京区今小路通七本松西入2丁目東今小路町758-2
電話:075-204-8508
営業時間:ラウンジ10:00~19:00、ゲストハウスIN15:00~19:00、OUT~10:00(ラウンジは月曜定休、祝日の場合は翌日休)

(出典:『トリコガイド 京都 2017-2018』)

K

最終更新:8/1(火) 21:01
エイ出版社