ここから本文です

【バレー】快進撃の福井工大福井、あと2点で初決勝スルリ 4強敗退 決勝は東九州龍谷ー誠英

8/1(火) 12:13配信

THE ANSWER

インターハイ準決勝、第3セットに大逆転負け…鈴木監督「あとはつかむだけのところ」

 全国高校総体(インターハイ)は1日、女子バレーボール準決勝で福井工大福井(福井)が東九州龍谷(大分)に1-2で敗れ、初の決勝進出を逃した。決勝は東九州龍谷ー誠英の組み合わせとなり、午後に行われる。

 福井工大福井は第1セットこそ23-25で落としたが、第2セットを25-18で奪い返した。第3セットも勢いそのままに立ち上がりから5点連続奪取。しかし、中盤に追いつかれる接戦に。最後も23-21とリードし、勝利まであと2点としながら、サーブポイントを奪われるなど、4点連続で献上。まさかの大逆転負けを喫した。

 今大会は準々決勝で前回覇者・下北沢成徳(東京)を破るなど、快進撃を続けていた。最後は1時間15分の死闘の末に敗れ、「あと2点だからね。ほんとにあとは(勝利を)つかむだけのところ。本当に悔しい。春高に向けて、もう一度、やり直したい」と鈴木定監督は悔しさを隠そうとしなかった。

 準決勝のもう一つの試合は誠英(山口)が城南(徳島)を25-16、25-13のストレートで下した。決勝は東九州龍谷と誠英の組み合わせとなった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/1(火) 19:35
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ