ここから本文です

【赤ヘルファーム通信】坂倉将吾

8/1(火) 0:00配信

広島アスリートマガジン

明確な目標を持ち 奮闘続けるルーキー

やはり並みのルーキーではない。並外れた打撃センスを評価され、二軍で試合出場を続けている坂倉は現在の打撃についてこう語った。

「調子自体は悪くないと思いますが、バットがうまく走らなくなってきています。数字を維持するためには何か対策をしないといけませんね」。

シーズンも半ばに突入し未だ3割近い打率を維持しながらも、自らのスイングに生じたわずかなズレを感じ取っていた。高い打撃力はさる事ながら二軍首脳陣が坂倉について最も評価しているのは、野球に取り組むその姿勢だ。

地道な練習に黙々と取り組み、それを継続していく。水本勝己二軍監督も「あれだけ自分で考えて練習している選手は今まで見た事がない」と目を見張る。 「長打率は低いかもしれませんが、あまり気にしていません。それよりも今年は安打数80を目標にしています」。

ルーキーとしては高い目標設定だが、すでに50近い安打を放っている坂倉であれば決して実現不可能な数字ではない。

「打撃のイメージとしては、野手の間を抜いたり、外野の頭を越したり、自分がそういう中距離打者になるというイメージはできています」。毎年のように、新たに活躍する生え抜き野手たちが台頭するカープ。

リーグ屈指の育成力を持つ球団の力と、十分な伸び代を持つ坂倉の才能が混じり合った末にはきっとリーグを代表する選手が誕生しているはずだ。

【広島アスリートマガジン2017年8月号から抜粋・数字は7月14日時点】

広島アスリートマガジン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

広島アスリートマガジン

株式会社サンフィールド

毎月25日発売

定価800円(税込)

毎月カープ選手の独占インタビューを掲載!
独自の視点で構成する企画ページは必見!
OB大野豊氏、廣瀬純氏のコラムも絶賛連載中